スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーン休暇 海と湖の休日 6日目 

朝6時半頃起床し、7時に朝食へ。
朝食は種類が多く、昨日のクラウンプラザより充実してました。
サラダとパンケーキ・トースト、飲み物を頂きました。

8時過ぎにはホテルをチェックアウト。
世界最大のカルデラ湖であるトバ湖に向かうべく、タクシーでバスターミナルへ向かいました。
30分ほどしてメダン市街南部のアンプラスバスターミナルに到着。(タクシー代32,000Rp≒320円)

トバ湖畔のパラパッという街まで行くバスが丁度発車してるところだったので、そこのバス待たれぃ!と乗り込みました。

エアコンの無いローカルバスでしたが、4時間で着くというので問題ないと25,000Rpを払って席につきました。(通常4~5時間)

外人なんておりません!
でも、乗務員が英語わかったのでOK。

エアコンなしでも、風が抜けるので涼しいし大丈夫だ。と思っていたら、陽が昇ってくるとやっぱり暑い。
車内はインドネシアの音楽が流れていますが、僕はウォークマンを聞きながらうつらうつら。
車内でタバコを吸う男も結構いるので、臭いっす。

バスも3時間を過ぎると山に差し掛かって、雨上がりの天気で今度は寒いくらい涼しい。
通る小さな街々でも雰囲気がちょっと変わってきて、後半になるにつれ民族的な独特な感じになってきました。

そして峠を越えると湖が見えてきて、畔の街パラパッに到着!

トバ湖 定期船
ここでまずご飯を食べてから、船に乗ってトバ湖に浮かぶサモシール島へ向かいました。(7,000Rp)

トバ湖は火山の噴火によってできた世界最大のカルデラ湖です。
南北が100km・東西30kmと巨大でサモシール島は火山の噴火によってできたマグマのドームの島。
標高900mのところに位置しています。(湖面から山(ドーム)の高さは450m)

船であたる風はとても涼しく高原に来たのだと感じます。
船に30分強揺られると、サモシール島のトゥクトゥクに到着しました。

サモシール島
切り立った山の中腹から滝も流れ落ちており、なんかジュラシックパークの世界を彷彿させるような自然満点アイランドのようです。

本日泊まるTabo Cottageという宿の桟橋まで船を付けてくれます。
そして、チェックイン。

トバ湖・・・特にサモシール島のトゥクトゥクは1970年代にヒッピーを中心とした欧米人の観光地(沈没地)となったところで、多くの安宿が点在していたが、現在は寂れて・・・
なんて聞いていたので、どんなところかと思ったら、泊まる宿はリゾート的な綺麗なところでした。

2泊するのはバタック・ビラという部屋。
入ってテンション上がりました!
Tabo Cottage
Tabo Cottage
バタックという地元伝統の建築風の木で出来た部屋。木の匂いがして良いです!

Tabo Cottage
ロフトまであり、上に昇るとダブルのマット(布団)が!
窓からは湖とサモシール島の山が見渡せます。
秘密基地的なノリで楽しい。なんか昔遊んだ田舎の家を思い出しました。

Tabo Cottage
部屋の前のテラススペース。
湖が見えるここに座りながら本を読んだり、パソコンいじくったり、インターネットをしたりと、過ごす時間が多かった場所です。

これで1泊朝食付き350,000Rp(3,500円)也。

Tabo Cottage
隣の家屋。このハンモックに揺られながら・・・ってのもいいですよね。

さて、ゆっくりします。
ロビー
ロビー
レストラン併設ロビーも広々とても開放的で、山と湖を眺めながらロビーに流れているWifiを拾ってインターネット。

庭
宿泊客は欧米人がほとんどで、湖で泳いだり、日焼けしたりしている人達もいました。
そしてちょっと近所を散歩して、長袖の服を調達。(KLのホテルに長袖置き忘れたorz)
部屋の前の椅子に座って、本を読んだり、パソコンいじくったり・・・。

以下 宿のWeb Site より写真を失敬。
Tabo
Tabo
Tabo
(終)

棟
(2階の部屋に僕は宿泊)

夕方には山に雲が立ち込めてきて、雷の音がしてきて雨が降り・・・、自然をたっぷり体感できます。

夜は近くのレストランでピッザを!
PIZZA
小さな田舎の島ですが、このエリアには欧米人向けのレストランがたくさんあります。
インドネシアに来たからインドネシア料理を・・・じゃなくて今回の旅は食べたいものを食べるのです。
ピザは釜で焼いていないので生地が微妙だけど、おいしかったです。
コーラ含めて60,000Rp也。

夜は10時に就寝。

コメント

何なんですかこのオールディーな風合いのホテルは?めちゃくちゃ味があるじゃないですか??
タイの田舎にあるチーク材をふんだんに使用したホテルのようで、素敵ですね。
こんな写真見たら、インドネシア行きたくてたまりませんね。でも日本から飛行機に乗って2泊3日程度の休みじゃ事足りない感じがします。。。。

Re: タイトルなし

itさん こんばんは^^

宿は地元のトバック建築(船みたいな屋根をした伝統的建築)の建物で、いい感じでしたよ!
日本からの2泊3日じゃ到底むりかと思います。スマトラ島に到着してからさらに6時間以上かかりますから、日本から直行便のヨーロッパ行くより時間がかかってしまいますね^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/708-ff981f22

まとめteみた.【ソンクラーン休暇 海と湖の休日 6日目】

朝6時半頃起床し、7時に朝食へ。朝食は種類が多く、昨日のクラウンプラザより充実してました。サラダとパンケーキ・トースト、飲み物を頂きました。8時過ぎにはホテルをチェックアウト。世界最大のカルデラ湖であるトバ湖に向かうべく、タクシーでバスターミナルへ向かい?...
  • [2012/04/22 22:46]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。