スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーン休暇 海と湖の休日 5日目 

ホテルのレストランでトースト・ドーナッツとミルク、オレンジジュース、マンゴーラッシーという食事。
朝から塩っ気のあるものはあまり食べたくないので、簡素に食事です。
マレーシアだけあって、インド料理やムスリム料理などもおいてありました。

午前中も部屋で少し仕事をして、10時半前にチェックアウト。
モノレールでセントラル駅まで行き、そこから特急電車 KLIA TRANSITに乗って空港まで行きます。
KLIA TRANSIT
電車とLCCTまでのシャトルバスのセットで12,5RM。
KLIAまでだったら30分ちょっとで着くのだけど、LCCTまでだとプラス20分ほど掛かってしまいますね。
KLIA旅客ターミナルとLCCT格安専用ターミナルは直線距離だと目と鼻の先ですが、実際は敷地外を周るので時間が掛かってしまうですね。

さて、インドネシア スマトラ島にあるメダンに向かいます。
飛行機は定刻前に無事出発!
KLを離れたと思ったらすぐにスマトラ島が見えてきました。
離陸からものの30分ほどでメダンの街が眼下に。
いままで見てきた街ともちょっと雰囲気が違いますね。トタン屋根が多いのと、寂れた感じの教会が多い(スマトラ島北部はカトリック信者も多い)。

KLを13:40くらいに出発したけど、メダンに到着したのは13:40前。時差が1時間あり、フライト時間が1時間無かったという、なんか得した気分のするフライトでした。
アライバルビザ買って(25USD)、入国、両替して、タクシーでホテルまで向かいます。

スマトラ島東部のインドネシア第3の都市であるメダンですが、やはり喧騒感が満点ですね!
車とバイクの突っ込み方がスゴイ、赤信号でも隙あらば行く(笑)
ただ、スピード出さないのでそんなに怖くはないです。
ホテルまでタクシー代50万ルピア(500円)也。

今日泊まるのは、グランドスイスベルホテルというホテル。
メダンでは良いホテルとなりますが、ホテルは思っていたよりこじんまりしているというかスマートな感じ。サービスアパートみたいでした。
18階の部屋をアサインしてもらい、部屋へ。
GRAND SIWISS BELL HOTEL

GRAND SIWISS BELL HOTEL
昨晩宿泊のクラウンプラザより部屋は狭いですが、開放感のある部屋です。
壁一面が窓となっており、遠くまで見渡せます。
Wifiも無料でした。
部屋より
(部屋の窓からですが、高い建物がないですね。翌朝遠くには山の峰が見えました。)

さて街に繰り出します。
まずホテルに隣接しているショッピングセンターを覗きます。
キレイで、カフェなど多くの飲食店が入居していました。ペッパーランチも近日オープン予定と。
小洒落た格好をしている女の子も多かったです。ちなみにメダン周辺は華僑も多いみたいで肌が白い人も多かったです。

それからベチャマシーンというバイクにサイドカーを付けた乗り物に乗って、列車の駅まで行ってみました。
特になにも無いのですが、観察です。
駅前
それから客待ちしているタクシーを捕まえて、街を巡ってもらいました。
その後、またベチャマシーンにも街を巡ってもらいましたが、値段交渉など特にせずに、バンコクより少し安いくらいの価格で決着させるというやり方でOKでした。
モスク

みんなとても献身的に案内してくれました。
メダンはインドネシアきっての治安が悪いところと書いてありましたが、夜でも人通りが多く、路地でも家族や子供が普通に出歩いていたりと、特に危険は感じませんでした。
まあ、雰囲気は日本とは全然違いますが。。
英語も皆わからないので、地球の歩き方に乗っているインドネシア語と身振り手振りでコミュニケーションを図っていました。

夜はホテル隣接のショッピングセンターで中華を食し、部屋で寛ぎ、この日は終了。
部屋より
眼下のライトが綺麗だったので、カーテンを開けたまま就寝。

コメント

daiさん、あれだけ綺麗な夜景だとカーテン開けっぴろげで寝てしまいますね。海といい夜景といいインドネシア最高ですね。まだ行ったことがないので今度行って見たいです。先の旅行ではこちらのブログで記載されていたサラブリーにポワランポーンから電車で行きました。ブログの写真に載っている風景が中心街から直ぐに行けるのかと勝手に思い込んで行ったのですが、目的地までは想像したより遠く、結局市街地を見て回っただけでした。でも人がとても親切でとてもよかったです。サラブリーからは、ロップリー、ナコンサワン、などローカルな町に宿泊しながら北上しチェンマイに行きました。チェンマイはカオサンみたいになっておりとても驚きました。16年前は。。。。もっと静かな地方都市だったんですがね。でもタイの経済発展が地方まで行き渡っている事、そして道路やハイウェイが整備され、物流が安定していることに感銘を受けました。BKKのコンビニと同じ品がチェンマイでも揃っているんですもん。凄いですよ。ミャンマーもこれから開放の方向にありますから、BKK、ダゥエイ間の国境が開放されたら益々経済に活気が付くでしょうね。

Re: タイトルなし

itさん こんばんは^^

インドネシアって、同じイスラム国のマレーシアよりも何故かタイに似た雰囲気を感じる国です。
今度是非ともインドネシアをまわってみたい、、そう思わせる国でした。

サラブリーでも僕がよく行くのはコラート県境付近の山があるムアック・レックという所なので、サラブリの県庁所在地市街とはまた違ったとこになりますね^^;
昔のチェンマイ、行ってみたかったですね!
大分いろいろなモノが便利になり、世界中からモノも入ってくるようになって、世界はどんどん発展・・・というかボーダーレス化してきますよね。
ミャンマーは気付いたら中国の資金が国を握っていた・・・なんてならないように、日本出遅れないようにして欲しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/707-f4af4b01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。