スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーン休暇 海と湖の休日 3日目 

プルフンティアン島の朝は遅いです。
バンコクよりも東にあるのに、時間が1時間早い。
つまりバンコクより朝が来るのが1時間以上遅い。7時過ぎに夜が明けます。

・・・雨が降っているし。。
僕ってかなりの晴れ男だと自負してたのに、あれっ?て感じですね^^;

朝食はトーストや麺などから選べます。
僕は一番質素なトースト+ジャム・バターを頂きました。

雲行きが怪しいのですが、折角なのでシュノーケリングを申し込みます。

時間前にお店に行くと、他に参加者が2人いるからちょっと待っててくれと。
でも結局その2人は現れず・・・僕1人でいくことになりました。
宿泊のリゾートでもシュノーケリングツアーやってましたが、昨日の中国人たちと一緒になるんだろうな、と他のお店で申し込みました。
1人となり、出会いがなくなりちと残念。でもプライベートツアーとなったので、まあいっか。
ボート乗り場
小型のボートでシュノーケルポイントへ向け疾走します。
2時間のツアーで3箇所のポイントを巡るツアーです。40RM(1000円ちょっと)也。安いですね。
記録に残せるように水中用の使い捨てカメラを購入しました(27枚撮り50RM)。
(水中の写真は現像中なので、出来上がったら別途アップします)

シュノーケリングポイント
まず到着したのは、珊瑚生い茂るフィッシュポイント。
色とりどりの魚がたくさんいました!
透明度はどうなのでしょう。10m以上はあるようですが、雨が降ったりしてたのでこれでもあまり良い状態じゃない??

この頃になると天候も回復し、太陽が顔を覗かせるように。

次に向かったのはシャークポイント。
その名の通り、サメが見られるポイントです。
この頃になると、大分シュノーケルにも慣れて、楽しい!

僕はマスクにフィンして、日焼けしないようにTシャツ着て、ライフジャケット着けない格好(潜りたいから)でやってました。

サメは小さいの2匹と1.5mくらいの1匹見ることができました(写真撮るために必死にサメを追いかけてた^^;)。

最後はタートルポイントです。

海がめのポイント。
何匹か見ることができました!

途中、結構大き目の海がめがシュノーケル中の皆の中に浮上してきて、欧米人の女性が「Don't touch! Don't touch!」って叫んでました。
中国人とか、捕まえて、採ったど~!とかやるんでしょうか??
こういうマナーがなってるところが欧米人のいいところですね。
リゾート
(ボートから見る宿泊しているリゾート。泊まっているのは崖の上の部屋です。)

こうして2時間弱のツアーは終了しました。
1人で催行してもらったので、いろいろと一緒にシュノーケルを手伝ってくれたボート操縦の兄ちゃんに10RMのチップを渡しておきました。
久しぶりにかなり楽しかったです

部屋に戻って、シャワーを浴びて。

部屋
部屋より

お腹が空いたのでTuna BayにあるNia Cafeでランチセットを頂きました。
Nia Cafe
運動の後もあってか、かなり美味しかった!マンゴージュースもマンゴーをそのままミキサーして氷に入れたジュースでおいしい。
ツナスパゲッティにサラダとスイカのプレートと飲み物のセットで20RM(550円)也。
これ、今回の旅で一番おいしかったんじゃなかろうか。

それからエアコンの効いた部屋でウトウト。
ベッドからも青い海が見えます。贅沢な休日ですね^^

さて今度はリゾート前でシュノーケリングします。
リゾート前にも珊瑚あり、魚ありで普通に楽しめます。
でも、浅瀬は珊瑚が死んでたりしており、ツアーと比べるとちょっと迫力には欠けましたね。
一生懸命ナポレオンフィッシュ探しましたが、見つからずじまいでした。
リゾートのビーチ

午前・午後でのシュノーケルですっかり日焼けしてしまった・・・。
腕と顔が赤くなりました。

部屋に帰ってシャワーを浴びてから、島の北を目指して散歩しました。
まず山道を越えて、隣のビーチに出て、それからまたさらに隣に行くと、島随一のリゾートであるプルフンティアンアイランドリゾート前に着きました。
プルフンティアンアイランドリゾート前
ここは砂のビーチが綺麗で、水がとても綺麗に見えますね。
プルフンティアンアイランドリゾート前
ここの桟橋は風が抜けとても気持ちがよく、青い海や遊ぶ人達を見ながらしばし佇んでいました。
プルフンティアンアイランドリゾート前

帰りはボートタクシーで戻り。

海を満喫した一日でした。
楽しかった!

コメント

daiさん、お久しぶりです。二回目の投稿です。インドネシアの海むちゃくちゃ綺麗ですね!!インドネシアは島々で出来ている国で国土も大きいし、人口も多く魅力的な国ですね。(まだ行っていませんが、、)インドネシア料理はタイ料理に比べでどうでしょうか?東京ではタイ料理は良く見かけますが、インドネシア料理は全くと言っていいほど、見かけません。。。東京は先週桜が散り、ようやく春到来といった感じで暖かくなってきました。私事ですが、転職が決まり多分宇都宮で働くことになりそうです。宇都宮といえば、餃子!でも餃子関係の仕事ではないです。車業界の仕事です。では、またコメントします。

海亀はでかったですか?

マレーシア人はタイ人と比べてどうですか?
タイの南部リゾート地は外国人ズレしてますから。

>>記録に残せるように水中用の使い捨てカメラを購入しました

防水デジタルムービーカメラ Xactiなら,水中撮影できますよ。

Re: タイトルなし

itさん こんばんは^^

このプルフンティアン島はマレーシアになります。この後、インドネシアに向かいますです。
海、綺麗でしたよ!
インドネシアも無数の島があって、綺麗な海もたくさんあるようですね!
今回インドネシアの地球の歩き方を買って読んでたら、インドネシア国内を転々と旅行するのもすごい楽しそうだなと思いました。秘境がたくさん!
インドネシア料理(≒マレーシア料理)は、今回そんなに食べてません。ミーゴレンとかナシゴレンとか定番のものはタイでも同じようなの食べられますし、タイ料理と比べてもあんまりピンと来ないので(これというものが無い??)・・・。
転職が決まったということ、おめでとうございます!
車関係だったら今後タイやらインドネシアやらと関わることも将来的に多くなって行くのでしょうか?
そう(産業空洞化)はあまりなって欲しくないですけどね。

Re: タイトルなし

海亀は想像していたよりコンパクトで可愛かったのですが(頭とかちっちゃい)、大きいのは1m近くあったのでそれなりに大きいですよね。

僕の行った所は、現地の人達はスレていると感じませんでした。
島の小さい商店行って、僕は毎回「ディスカウントして!」って言ってたのですが、毎回簡単にディスカウントしてくれましたし、シュノーケリングツアーも僕一人で催行してくれましたし(1000円強)、タクシーの運ちゃんなんかも料金決まってるのに「ここ寄ってくか?」なんてサービス精神あり、といった具合です。
なのでお金に関して嫌な思いをしていません。

防水のデジタルカメラ欲しいですが、この為だけに買うという決断ができませんでした^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/705-14e527e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。