スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンチャナブリーの温泉へ 其の二 

タイでは浴槽に浸かる文化はありません。
故、日本のように温泉に浸かるなどという発想は普通ないです。

しかし、カンチャナブリにはいくつかの温泉が存在します。
タイには山岳部に温泉資源があり、カンチャナブリー・チェンマイ・ラノーンといったところに温泉施設がいくつかあります。

昨日ホテルで明日どこに行こう・・・とネット検索してるとき、この温泉を知り是非来てみたい!とやってきました。
カンチャナブリで有名な温泉ですと日本軍が掘り当てたヒンダー温泉がありますが、カンチャナブリから130km程西と遠いし、観光客も多いみたいだしこちらの方が温泉といった感じがしそうだったのでこちらに決めた次第です。
ただ、550バーツ(1500円弱)という値段は日本でもそれなりの施設の揃った健康ランドの値段ですのでタイの物価からすれば少し高いですよね。

さて、ホテルのボートに乗ること3分程。
ホテルのオーナーが経営する"Rock Valley Hot Spring & Fish Spa"に上陸しました。
rock very hot spring
川沿いの丘の上にある温泉。

rock valley hot spring
まずレセプションでウェルカムドリンクのお茶を頂き、温泉衣を貸してもらって着替えをします。
男女混浴ですので、タイの昔の人が着ていたような簡易服を着けての入浴となります。
rock valley hot spring
温泉の前にシャワーを。
蛇口をひねると竹筒から水がでてきて自然な感じいっぱいで良いです。
rock very hot spring
そして温泉!
8種の浴槽が用意されており、温度も42度くらいまであり、いい感じ。
人も一緒に来た11人(日本人2名、タイ人9名)だけでしたので、ゆっくりと温泉に浸かることができます。
日本人の御仁も参加されてたので、話をしながら温泉を楽しみます。
雨が降ってきてしまいましたが、屋根もありますし、山は雨が降ると自然の雰囲気が一層増しますのでそれもまた いとおかし です。
P1030155w.jpg
源泉は硫黄泉とのことですが、透明で臭いもありません。
ハーブ湯や中国茶の湯などもありました。
rock very hot spring
rock very hot spring
温泉で体が温まったら、川が望めるところにデッキチェアが並んでいるので、そこで寝そべって飲み物を頼んで寛ぐこともできます。
また、川を望む水風呂もありますのでそちらでクールダウンすることもできます。

さて、フィッシュスパ!
rock very hot spring
ここには2つのフィッシュスパの浴槽があり、魚達が皮膚の角質などを食べてくれます。
rock valley hot spring
フィッシュスパも37℃くらいの温度があり、温かいです。
一応腰掛けて入れるようになっていますが、浴槽が広いので全身浸かれます。
自分は足だけ、魚が一杯足を啄ばみくすぐったかったですが、足がつるつるになったように思います。

そんなこんなで1時間強温泉を楽しみました。

良かったです。
施設も綺麗で、施設も拡張工事していたのでこれからさらに大きくなるのでしょう。

帰るころにロシア人の団体30人ほどがやってきました。
丁度いいタイミングで温泉に入れたみたいです。

健康ブームも手伝って今後こういった施設が増えて欲しいなぁと日本人として思いました。
相方さんもこういった大きな風呂は初めてですが、40℃以上のお湯にも浸かり気持ちが良かったようです。
ここにはまた来たいと思います。

迎えの船は16時過ぎやってきて、ホテルに戻りました。

それから帰宅の路へ。
nakhon patom
途中ナコンパトムに寄り、タイ1大きい仏塔の下にあるマーケットで夕食を済ませてバンコクに戻ってきました。
ナコンパトムは大きな大学(シラパコーンやカセサート大学)がある為か若者が多く活気を感じました。

カンチャナブリ。
ここはパタヤやフアヒンなどと違い洗練されておらず、タイの古きを残しておりタイらしさを感じるところですね。
自然も豊富でとても魅力的なところでした。

帰ってきても温泉の効能か体の調子が良く、元気です!

コメント

車の運転

自分で車を運転して行ったのですか?
恐くないですか?
550バーツは温泉入浴料のみですか?
だとしたらタイならかなり高いですね。
東京都内の温泉施設より少し安いだけですね。

Re: 車の運転

Donさん こんばんは^^

車はタイで初めて運転するときは怖かったですが、今では年間5万km以上運転しますし慣れました。
ただ、都心部は渋滞が多いので運転してて疲れます。

温泉の値段は入浴料とタオルや入浴着込みの値段となります。これに無料の送迎ボートとウェルカムドリンクのサービスがあります。
550バーツは高いと思いますが、安くして客でごった返すよりもいいかなと思います。
施設も綺麗でしたし、満足です。
フィッシュスパもできるのがお得感あります。

こんにちは。
うほっ。
これは良日記~~☆
ここはかなり行きたいです。
今度、行き方とか教えてください。

宜しくお願いします。

Re: タイトルなし

自称温泉通さん こんばんは^^

ここは、カンチャナブリのRiver Kwai Village Hotelというホテルからのツアーで行けます。(温泉はこのホテルのオーナーの施設らしいです)
http://www.riverkwaivillagehotel.com/loc.html

9:30と14:00にホテルから無料のボートが出ている他、300バーツ払えばプライベートで送迎してくれます。
ここはお勧めですよ。

素敵!

来月バンコクへ旅行するので、いろいろ検索しているうちに、こちらにたどり着きました。
本当に初歩のお尋ねで申し訳ないのですが、バンコクからはどれぐらいかかるのですか?
仕事で社長を連れていくのですが、最終日にあっと言わせたくメジャーではない場所を探しているのです。
水上マーケット等はつまらなそうだし、アユタヤは水没していそうなので、、、
日帰りができるかどうか。
タクシーか、貸し切りの車をチャータしても良いので、9時に出発してどれぐらいで往復できるのか、教えていただけたらとっても嬉しいです。よろしくお願いします。

Re: 素敵!

Onnagawaさん こんばんは^^

カンチャナブリーの温泉ですね。
ここはバンコクからだと3時間弱程かかるかと思います。
バンコクからカンチャナブリまで2時間。そこから温泉へ出発するホテルまで40分程。
日帰りは可能ですが、丸一日のトリップになってしまいますね。
行く途中にカンチャナブリの街やタイガーテンプルなどありますので、それを抱き合わせたモノが良いのでしょうかね。(他にも見所あります)
ただ、上記のようにすると9時出発だとちょっと帰りが遅くなってしまう気がします。

参考までに、
9時 出発
11時 カンチャナブリ到着:戦場にかける橋など見学
12時 昼食@カンチャナブリ
13時 出発-13時半タイガーテンプル
14時半 出発-15時 リバークウェービレッジホテル到着
15時半 温泉到着
17時半 ホテル出発
20時半 バンコク到着

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/651-af9dd909

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。