スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーン休暇旅行 カンチャナブリ⇒シーナカリンダム湖 

朝7時過ぎに起床。
8時過ぎに出発です。

まず寄ったのはクウェー川鉄橋。

クウェー川鉄橋

映画『戦場に架ける橋』の舞台ですね。
橋の上を歩くことができるので歩きますが、とくに柵もなく下に川を望め落ちることができるのでちょっと怖かったです^^;
クウェー川鉄橋
またこの橋を往復して渡る観光用の列車が運行されているのでそれに乗りました。15分程で20バーツ也。

それからカンチャナブリを西に進みます。
カンチャナブリ県の西端はミャンマーと国境をせっしており、自然豊かな巨大な県なのです。
山に入ると牛注意の看板だけでなく象注意の看板も多く見受けられました。

国道3199号線を進むこと(景色がいいです^^)1時間弱(カンチャナブリの街より70km弱)、エラワン国立公園に到着しました。
有名なエラワンの滝に寄ります。(入場料1人40バーツ(タイ人価格)、車30バーツ)

エラワンの滝は7段に別れており、7段目まで行くには2km強の山道を進まなければいけません。
僕らはもちろん7段目まで行くことに。
エラワンの滝 1段目

1段目・2段目はご飯をもった家族連れで賑わっています。
2段目から先は自然保護の為、食べ物を持ち込めなくなっています。飲み物も申請してお金(20バーツ)を預けてボトルにマーキングをし帰りにそれを持って帰ってきてお金を返してもらうようになっています。

山を登ります。整備された道というより獣道。
5段目の滝にて休憩することに。
エラワンの滝 5段目
汗ダクダクで暑かったのですが、水は冷たく、木陰の滝壺はアッという間に暑さを奪ってくれました^^
また水のなかには魚がいて、足を入れるとパクパク足を食べてきます(笑)
いま巷で流行のフィッシュスパですね。天然フィッシュスパ。
エラワンの滝 5段目でフィッシュスパ
ただ、小さい魚だけでなくそれなりの大きさの魚も足をつついてくるのでちょっと痛いです。
10匹以上の魚に絶えることなく足を食べられ続けていました^^

20分ほど休憩した後に7段目を目指して再出発し、山道を進み、、、、7段目の滝に到着!
エラワンの滝 7段目

7段目の滝は色がエメラルドグリーンで綺麗です。
石灰成分が多く、それが陽に当たってこの色を造っているようですが、水は涼しく気持ちがいいです。石灰が底に溜まっているのはちょっと温泉気分で^^
エラワンの滝 7段目
ここでも天然フィッシュスパで足を食べてくれます。ここの魚は小さかったので痛くなく気持ちが良かったです。
白人の人達も多く見受けられました。

帰りはひたすら歩いて下山し、30分強で下まで戻ってきました。
途中で岩を下るところで滑ってお尻を打って痛かった。。
駐車場のあるところにはお店がたくさん並んでいて、暑くて疲れていたのでエアコンのあるハンバーガーのお店で昼食をとりました^^

エラワンの滝より5km程行くと、シーナカリンダムの・・・があり、そこを見学。
水力発電もしているようです。
シーナカリンダム湖はとても巨大で、水力発電を行っています。

それから本日の宿であるリゾートへ。
Raya Buri Resortというシーナカリンダム湖に面しているリゾートです。
raya buri
辺鄙な道を進み、、到着。
本日予約していたのはIsland Sweetという部屋でAgodaで予約して3300バーツ程でした。
Raya Buri Resort room

部屋は湖の上に浮かんでおり、バルコニーから湖を眺めることができます。バルコニーから湖にダイブすることもできます^^Raya Buri Resort room
部屋はきれいで、インターネットも使えます。シャワーの湯沸かし器がRinnaiのガス制なのは感動しました!暑いお湯が勢いよく出てきました。

リゾートの周りには他のリゾート以外は特になにもありません。
集落に行き、飲み物などを買って夜はリゾート内のレストランにて食事をとりました。
スープとご飯物、マンゴーシェイクなどを注文しましたが320バーツと安かったです。
raya buri
夜はバルコニーに座りながら、空一面の星を見ていました。
インターネットやニュースなどでバンコクの騒乱を知り、びっくりしましたが、ここはそんなものとは無縁の自然の中のゆったりとした時が流れていました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/507-d4a16e6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。