スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国・雲南省の旅行 後記 

今回の雲南省の旅行、よかったです!

雲南省は日本の国土よりも広く、中国の中でも最も多い種の少数民族が暮らしている所。それぞれの土地により異なる文化を楽しむことができました。

ちょっと心配していた"中国人"ですが、想像たり聞いていた素行の悪さというのは見られずに、とてもやさしい人たちでありました^^
バンコクから昆明での飛行機では、昆明空港に着陸した際に一部の人が席から立って荷物を降ろそうとしましたが、CAの機内放送により案内があるまで座ったままでいてくださいと言われると、飛行機が停止・ボーディングブリッジが着いてビジネスクラスの客が降りるまで皆きちんと着席している光景にびっくりしました。(普通、飛行機が停まってベルトサインが消えるとみんな席をたちますよね)
友達はご飯などすべて奢ってくれようとしたように、おもてなしの心を持っていましたし、
道に迷っていると"どこに行くんだ?"みたいな感じで、行きたい場所まで献身的に案内してくれようとしたり、
とにかくいろいろと話しかけられたり、やさしくしてくれたりと印象がとても良かったです。
自分も中国語ができたらとても楽しい旅行になるのだろうなと感じました。

使ったお金は、
飛行機代
バンコク⇒昆明 11,000 バーツ
昆明⇒麗江 310元
麗江⇒昆明 480元
ホテル代
5泊 1,800バーツ+270元
食事・お菓子代
200元
観光代(入場料)
415元
交通費
130元

計 14,000バーツ+1800元 = 約64,000円(+お土産等) でした^^

今回は寒さとの戦いであったので、今度は春の季節に是非いってみたいです!
(自分の寒さに対応できなくなっていた体にびっくり!体がタイ仕様に変化してしまっていたようです。タイ人が「冬の日本に行ったら死んでしまう…」なんて言っているをよく聞きますが、あながち冗談でもないのかもしれませんね^^;)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/487-cbe48b45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。