スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲南旅行 麗江 

8時起床。
7時半くらいより明るくなってくるので、麗江の朝は遅いです。

さて本日は山を登ります!
雲南省北西部の山々はヒマラヤ山脈の最東端に位置しており、標高の高い山がいくつかあります。
麗江北部にある玉龍雪山。標高5596mのこの山にこれから向かいます。

麗江古城を出たところから乗り合いのバスに乗り30分程、ゲートにて入場料(80元+麗江古城維持費80元)を支払い甘海子と呼ばれる地点(終点)にて下車。

ここにてロープウェーチケット(150元)ならびに玉龍雪山内のバスのチケット(20元)を購入し、バスにてロープウェー乗り場を目指す。
玉龍雪山
ここは中国で最高ランク・5Aの観光地なのです。

ロープウェー乗り場は標高3,356メートル。
そこより4500メートル地点までロープウェーで上ることができるのです!

標高の高いところなので、高山病対策に携帯用酸素が売られていたり、防寒具が貸し出されていたりするのですが、まあ大丈夫だろう(お金もったいないし)と体ひとつ乗り込みます。

ロープウェーにて15分ほどで地上4500メートル地点に到達!
降りて歩いていたら酸素が薄い為かフラッとしました^^;
ただ快晴で、太陽光線が強い為にポカポカして気持ちがいいです。(気温は当然氷点下でしょうが・・・)

空気が薄いのがわかります。
頭がズキズキしてきました。。
玉龍雪山
この4500メートル地点からさらに少し上まで上ることができたので登ることに。

玉龍雪山
階段を上がっていくのですが、すぐに動悸が激しくなってしまいます(息は切れませんが)。少し上っては休みを繰り返して標高を上げていきます。
玉龍雪山
氷河。溶けることのない氷を見ることができます。北半球で最南端の氷河だとか。

そして上ること30分強、歩道の最高地点である4680メートルまで到着!
玉龍雪山
4500メートル地点との高低差180メートル。ビル50階分位に相当するのでそれなりに疲れました。
(写真のモザイクの下は気圧が低い為か顔がちょっと腫れている・・・)
玉龍雪山
でもこの地点から眺める景色は最高!空がとても青いです^^

この先の人生、これよりも標高の高いところに足をつけることがあるかわかりませんが、いい経験をしました。

帰りも乗り合いのバスで麗江市街へ。
玉龍雪山観光、必要経費が350元(約4600円)と決して安くはありませんが、その価値はあったと思います。

米線と蒸餃子

それから宿近くの食堂にて遅めの昼食。蒸し餃子と米の麺で100円ちょっとなのはうれしいですね。

宿に帰って、(高山病で)頭が痛くなってしまったので、一眠り。

日が暮れる頃にまた古城に行き、散策をして、ケンタッキーで夕食を済ませ、スーパーで買い物をして宿に戻りました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/481-5794f37a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。