スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペッチャブリー県へ 

今日は国王妃誕生日でタイは母の日の祝日となるためにお休みでした。

そんな休日はまた朝早く起きて早朝ドライブに出かけようかと思いましたが、、
4時半になった目覚ましは"まだ寝たい・・・"という欲求に止められてしまいました^^;

でも今日は特にこれといった予定がなかったので、お出かけすることに。
8時半に家を出ました。

向かったのはペッチャブリー県。
バンコクより西⇒南と向かった140km程先にある海が近いところです。
そのさらに先に行くとフアヒンがあります。

高速を通りラマ2通りを走ること1時間。
サムットソンクラーンを過ぎた頃に山が見えてきます。
なだらかな山ではなく、尖った山。さまざまな形をしていて、日本では見られないその光景にちょっと興奮

そしてバンコクより走ること1時間半弱でペッチャブリーの街につきました。
さてどこに行こうか・・・
と迷っていたところ目についた、山の上のお寺。
プラ・ナコーン・キリ・歴史公園というところにまず寄りました。
プラナコーンキリ

ここには猿がたくさんいます。
小さい猿で、人を怖がる様子もなく、近づいても知らぬ顔をしています^^
猿
山の上に上がろうとしたのですが、入場口にて外国人ということを見抜かれて150バーツと言われたので上らず、、、別に行きたいわけでもないし。。タイ人は20バーツ。

お次は駅に行ってみることに。
列車
ペッチャブリーの駅、南部に向かう列車が発車します。

ペッチャブリー駅
スラータニー行きの列車。2車両

僕は駅の雰囲気が好きです。
それぞれの人達がそれぞれの目的を持って旅にでる。風情があります。
列車が来る時に鳴らされる鐘と校内放送、ディーゼル列車の音もそれを盛り立ててくれます。


それから海に行ってみましたが、着いた所はビーチではなく、浜に迫り出したレストラン。
海は濁っていて、汚かったです。マングローブが生えていそうな所でした。


帰りにはサムットソンクラーンに寄りました。
サムットソンクラーンはダムヌンサドゥアック水上マーケットアンパワーに行く時に通るところです。
何回か通ったことはありましたが、立ち寄ったのは初めて。

ここでも駅に行きます。
メークロン駅。

メークロン駅

ここは"世界の車窓から"など日本のTVでも度々登場する線路の上に市場が広がっている駅です。
メークロン市場

電車が来るとこの露店が一斉に引いて、ギリギリのところを列車が通っていきます。
メークロン市場

自分が行った時には列車が来るまで1時間以上ありましたので、その様子を見ることはありませんでしたが、線路上の市場は結構賑わっていました。

それからすぐ先にあるアンパワーまで行こうかと思いましたが、車が混んでいた為にやめてバンコクに帰ってきました^^

夜はベランダよりバンコク各地で上がる花火を眺めながら、日本の夏を懐かしんでいました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/432-0a32b1bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。