スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イサーン旅行 Bangkok⇒Korat(Wang Nam Khiaw) 

本日よりソンクラーン休暇ということでイサーンを旅することにした僕。
朝の4時家をに出発して友達を拾いバンコクを脱出。

途中のアウターリング(9号線)で少し渋滞していたものの、ランシット通り→33号線を通って304号線と合流するガビンブリまで200kmを約2時間の順調なドライブ経過。
しかし304号線からナコンラチャシマへと向かう峠越えコースが渋滞しており、、、
渋滞始まり・・・
ガビンブリからの50kmに5時間ほどかかってしまいました。

そして到着した本日の宿泊地である、ナム・ワン・キアオ。
Wang Nam Khiaw到着!
ここはプラチンブリ県を過ぎたナコンラチャシマ県にある高原リゾートです。
西はカオヤイで、有名な滝などがあり自然がたくさんのところです。話によるとここはオゾンの濃度が世界で7番目なところだとか。。(なにがいいたいのでしょうか)

宿泊する宿まで迷いつつ12時頃に到着。
ViewSuayResortというところで1軒家スタイルの1800バーツの部屋を予約していました。
部屋はキレイでリビングに寝室が2つという部屋。
View Suay Far Sai Resort

一息いれてから外に出て昼ごはんを食べて周辺をいろいろと廻ってみました。
ここはフルーツの栽培が盛んでマンゴーの木を始め、イサーンらしいパパイアの木(ソムタムの材料)やラムヤイの木の栽培園が多く見受けれました。
自然
(自然が広っており、雷が遠くで轟き、雨も時折ふったりして、自然の匂い・ムードが満点です)
自然2
(標高500~600mくらいのところにあり、山には霧がたちこめていたりします)


宿泊場所から10km程度、山道を進んで出たところは高原というか原生林が一望できる”パー・ゲップ・タワン”というところ。(有名なところらしい)
途中に動物注意の看板がありましたが、どうやらここには象をはじめトラや熊までいるらしいです。(本当でしょうか??)
景色
景色2
朝に来ればここ一面に霧が立ち込めている景色を見ることができるのでしょうね^^

午後からは雨が降ったり止んだりの天気で残念ながらきれいな星空はみることができませんでした。。

虫達の大合唱を聞きながら23時頃就寝しました。
(雨の降った後の高原は肌寒く、布団をかけて寝ました)

本日の走行距離:450km

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/368-8da4fecd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。