スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月2日 

今日はお昼に友人と落ち合いトンローに日本食を食べに行きました。
しかし、どこも正月休暇でお店が空いておらず・・・
たどり着いたのはトンローsoi15のJアベニュー。
そこでも多くが閉店だった為に大戸屋に入ろうとするとたくさんの人が待っており、しょうがなくラーメン店「山小屋」に入りました。

でもここはコストパフォーマンス悪いですね。
味も前よりも落ちたような・・・
100Bの餃子もタイ人いわく「もっこり」の39Bの餃子の方がおいしいと^^;


夕方からは日本から来ている友達と合流し中華街に!
中華街!











食堂のようなところでふかひれスープ(もどき?)や炒め物等の中華料理を食べました!おいしかった^^
その後、ヤワラーをぶらぶら散策。

屋台のフルーツシェイクは安いですね!
テンモーパン(スイカシェイク)が袋にどっさり入って(1kgくらい?)15Bでした。。
おいしいんだけど、もちろん飲みきれる訳もなく・・・

また、屋台の肉まん(1個12B)もおいしかったです!


その後、ディスコに行こうとなったのですが、今日国王陛下の姉・カラヤニ王女が亡くなったためにどこもお休み。
なので行き先を変えて、アヌサワリー・ランナム通りのパブで夜1時くらいまで飲んでいました。


タイ国王の姉、カラヤニ王女が死去
2008/1/ 2 (08:55)| 主要ニュース 写真ニュース 社会
【タイ】タイのプミポン国王の姉のカラヤニ王女が2日午前3時、バンコクのシリラート病院で死去した。84歳。王女は昨年6月から、腹部のがんのため、同病院に入院していた。

 カラヤニ王女はロンドン生まれで、弟のアナンタ前国王、プミポン国王とともに欧州で長く暮らした。幼い3姉弟の欧州暮らしの写真は、タイ国民に広く親しまれている。

 王女はタイ帰国後、様々な慈善活動に取り組み、美術、音楽の後援者として知られた。私生活では2度結婚し、娘が1人いる。

 プミポン国王は10月半ばから4週間ほど脳血管障害でシリラート病院に入院し、退院後はほぼ毎日、カラヤニ王女を見舞っていた。国王は1日夕方にも、ワチラロンコン皇太子夫妻らとともにシリラート病院を訪れていた。
by newsclip.be

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://paasaathai.blog95.fc2.com/tb.php/136-0a7fd5d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。