スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i phone購入! 

今まで持っていた携帯電話は日本語入力できなく、まわりも最近アイフォンばかりだし、仕事にも役立つしいろいろ便利だし・・・
ということで、先日定期預金したお金の利息分を先食いする形でアイフォンを購入しました!

価格は基本どこも統一価格。
はじめセントラルワールドに行きましたが、欲しい白のモノはAIS(携帯キャリア)は売り切れ。
サヤームのiStudio(アップルストア)にてAISの在庫があったので購入しました。
(白ロムでの販売ですが、それぞれのキャリアが保証などのサポートを行う)

32GBの白アイフォンを26,500バーツを購入。
高い。。
16GBは22,500バーツ程でした。

これは会社用の携帯にするつもりなので、インターネット(メモリ通信)無制限で通話が500分などのアイフォン用パッケージ(839バーツ/月)は会社での支払いにしてもらいます。

しかし画面の綺麗さには改めてビックリですね。

これで世界がちょっと広がるのかな?

スポンサーサイト

定期預金 

最近携帯電話といえば周りはみんなiPhoneばかり。
数年前はタイ人の多くはBlackBerryを使っていたけど、タイでも日本でも最近はiPhone iPhone...
ここまで普及するとそれに乗らねば文明に乗り遅れるのではないか、以前買った携帯ももう3年になるしそろそろ買い時だしiPhone買いたいな。と思うようになりました。

ただ最近いろいろと買い物しているし、年末の旅行の航空券もそろそろ手配したいからまた支出があるし、、で悩んでいました。

そんな折、先日ATMに銀行ATMカードを置き忘れたらしく紛失したので新しくカードを作りにカシコン銀行へ。
カードの再発行自体は150バーツ払って新しいカードをすぐに作ってくれました。
そこに置いてあった定期預金のチラシ。
そこには1年半預ければ18ヶ月目には15%の利子がつくとの触れ込みが!
ただ普通預金していてもあまり利子はつかないし(それでも0.75%ありますが)、定期に預けてiPhone資金を作ろう!

この定期の平均年利は3.61%ということで、早速その利息でiPhone買える程度の60万バーツを定期預金開設しました。
3ヶ月ごとに利息分が振り込まれ1年半後には利息は3万2千バーツとなります。でも税金で4千バーツ強そこから持っていかれて最終的に2万7千バーツが利息として受け取れます。
(シュミレーションの紙をくれます)

1年半毎にiPhoneが買えるもしくは日本への航空券が買える計算になりますね。
定期預金もバカに出来ないですね。

インターネットカフェ 

先週からなぜかインターネットが使えなくなっていたので、家の前のインターネットカフェへインターネットをしに通っていました。

お店の中には20台程のPCがおかれており、店内は綺麗で椅子も座り心地の良い物です。
PCのスペックもゲームをやる人が多いので良いです。

そんなネットカフェですが、値段が安い。
1時間15バーツ!
僕は1時間使用しないのでいつも10バーツ。。

採算とれるのかと心配してしまいますが、長年やっているので大丈夫なのでしょうね。

部屋のインターネットはTRUEの人に来てもらい、設定を新しくして回復しました。

友達帰国 

朝7時過ぎに起床。
寝室2室とリビングルームがある部屋で僕はリビングに寝たのでカーテン等無く明るくなると目も覚めたのですが、寝室にはある蚊帳が当然こちらには無かった為、蚊に喰われてしまいました。。

他の客は見当たらずに朝食です。

sugar hut

客がいないので当然ブッフェではなく、6種類くらいの中から選びます。
僕はパンケーキセット。パンケーキとジュース・フルーツにコーヒーが付きます。
ゆったーりとした時間の中、気に囲まれて頂く朝食はおいしかったです。

それからプールへ。
sugar hut

3つあるプールのうちメインプールはそこそこ大きく、深いところで2メートル程あります。
だれもいないし、友達はここぞとばかりに飛び込んでいました。
日本じゃなかなかできないですもんね!

11時くらいにチェックアウトをし、バンコクへ!
タイ料理を食べて、マッサージやエステを受けて、買い物をし、またタイ料理を食べて深夜便で2人は帰っていきました。

タイを満喫したようで、また来る!って言って帰っていきました。
これからみんな結婚や子供やら出来てなかなか来る機会も少なくなってくるでしょうが、今出来ることは今のうち、みんな来てくださいね!
2人が帰った後は何故か残された感を感じ、やっぱり寂しくなる自分なのでした。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。