スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NA AROON @ Ariyasom Villa 

日曜の夕方、ちょっと普段と違った雰囲気を味わいたいなと食事へ出かけました。

行ったのはスクンビット・ソイ1にある"NA AROON"というレストラン。
バムルンラット病院近くにあるARIYASOM VILLAというホテルにあるレストランです。

ここは築70年の元個人宅の豪邸を改装したレトロな感じのレストラン。
緑も多く落ち着いたところでした。

NA AROON
ホテルの中のレストラン。
ここはベジタリアンレストランとのことですが。。

NA AROON
外のプールサイドでも食事を頂くことができます。立派に育った木に囲まれています。

NA AROON
中は木がふんだんに使われており、レトロかつシャンデリアがあったり豪華な感じでもあります。

NA AROON
サービスで出してくれた前菜のミヤンカム。
ちょっと甘いですね。

NA AROON
ミヤンクイティアオ(麺)とラープツナトート(鮪すり身揚)。
ラープツナトートは結構辛かった。。

NA AROON
ホタテのパスタとトムカーガイ(スープ)。
トムカーガイはガイ(鶏)ではなかった、、豆腐のようなベジタリアンフード。
パスタは緑たくさんの不思議なお味。

NA AROON
ベジタリアンということで、ちょっと物足りなかったというのが正直なところ。
野菜好きな人にはとても良いのでは。

料金は上記+ソフトドリンクで1000バーツ程。
相方さんダイエット中に付き余り食べませんでしたが、それなりに食べたらそれなりに値段しますね。

昔の邸宅を使用しているということで、雰囲気良いです。
昼に行って外の緑を感じながら食事というのもいいかもしれませんね。

・・・こういうホテルに泊まるのもいいかも。

Web Site:http://www.ariyasom.com

スポンサーサイト

Oishiデリバリー 

ゴルフのない日曜日は相方さんの日本語学校が終わるのを昼過ぎに迎えに行く。
そんな日曜なのですが、今日は日本語学校の試験で早く終わって自分で帰ってきたので、なんか外にでるのが面倒になり、、出前をとることに。

タイでもマクドナルドやケンタッキー、ピザハットとか近くの料理屋とか部屋まで出前サービスをしてくれるところは多いのですが、今日は初めてOishi(タイの日本料理チェーン)に頼んでみました。

電話で頼んで、待つこと45分くらいで到着。
Oishi Deli
思っていたよりしっかりした箱に入って、大きい。

Oishi Deli

豚スタミナ弁当(169バーツ)で中には野菜もたくさん。
相方さんは鮭の照り焼き弁当(199バーツ)を注文。
ご飯の量がちょっと足りないかな。

これにデリバリー代30バーツが取られて、計400バーツ弱。

味も普通に食べられるので、また注文する機会があるでしょう。
でも、スクンビット中心だったらいくつか配達弁当屋の選択肢あって、ボリュームあって、味も日本レベルでしょうからそれは便利ですよね。(自分とこまで配達してくれないかな??)
でもOishiのカツ丼(99バーツ)はなかなかおいしいと思います。
Menu
Menu

イタリアン食堂@オンヌット通り 

最近ピザがよく食べたくなりオンヌット通りにあるイタリアン行っています。
アパートより1kmくらい北に行ったところ(オンヌット・ソイ31と33の間)にある、通りに面したオープンエアなお店。

Pizzelia

最初、日本人の友達に連れて行ってもらったこの店ですが、イタリア人経営のお店で客は西洋人だけのよう。

ピザがおいしい!
Pizzelia
マルガリータが150(中)/180バーツ(大)くらいで、いつもマッシュルームやハムのピザなどをハーフ&ハーフにしてもらってます。(180/220バーツくらい)
焼きたてのピザは、もっちりとろっとしたチーズがしつこくなくどんどん食べられます。
Pizzelia

パスタもそれなりにいけます。(150バーツ~190バーツくらい)

お店が通りに面していてオープンエアなイタリアン食堂みたいな感じなので、近場の手軽にいけるお店として重宝しています。
メニューの価格から税やサービス料金の++がかからないのも良いサービスと受け取って、足が運びやすくなりますよね。

いちごおいしい 

相方さんがいちごを買ってきてくれたので食べています。
タイでは主に北部の涼しいところでイチゴが栽培されており、涼しい季節が旬の果物です。

日本のと比べて小さく糖度は低いですが、タイでよく使われるコンデンスミルクをつけて食べるとおいしいです。
小さいのも手伝ってかどんどん口に運んでしまいます。

チェンマイ産で1Kgで50バーツだったとのこと。
(チェンマイで購入。バンコクだと100-200バーツ/Kgくらい。)

ちなみにタイではイチゴをコンデンスミルクにつける人などおらず、相方さんは塩につけて食べていました。

部屋のインテリア追加 

部屋のテレビ台の横のスペースが寂しいので何か置きたい。
そんな風にずっと思っていたのですが、先日ちょっとヒントを得て、本日インテリア買出しに行って来ました。

サイドテーブルを買おうと先日から家具屋さんをまわっていたのですが、なかなか思うようなのがありませんね。
ちょっとアンティークな感じのが欲しいのです。

そこで今日はチャトチャック(ウィークエンドマーケット)まで行って来ました。
チャトチャックにはアンティークな家具とか照明とかたくさんのお店が軒を連ねています。
JJ
ここでも欲しいようなのが無かったのですが、まあ妥協できるのがあったのでそれを購入。
言値4,200バーツでしたが、3,700バーツにしてもらいました。

それからJJモールの味千ラーメンにて昼食をとり(以前はひどかったですが、今回焦がしネギの風味も聞いていておいしかった)、ちょっと目を惹くお店があったので立ち止まる。
JJ
ここで象の装飾があしらってあるランプを購入。
言値1,500バーツを1,200バーツで。
結構細かい芸を施してあるので1,200バーツはお買い得かなと。

それから一度帰り、夕方サイドテーブルに置く花を探しにシーコンスクエアとパラダイスパークへ。
パラダイスパークで花(造花)を1,000バーツで購入。

Goods
今日の戦利品です。
ちょっとだけアンティークな感じのが加わりました^^

足裏マッサージ 

昼は35℃以上と暑くなってきたバンコク。(本日最高気温36.5℃)
なんだか夏バテ気味で今一元気ではありません。

そこで日曜日に相方さんと足裏マッサージに行って来ました。
オンヌットのマッサージ通りで1時間150バーツ。(以前は100バーツだったけどやっぱり値上げしましたね)

リラックスチェアに座ってエアコンの効いた店内の窓際の席で外の通りを眺めつつウトウト。
棒を使って足裏グリグリされますが、幸い痛く無かったです。

終わってみて変わったことは、
お腹がすごく空くようになりました。弱り気味だった胃が快調になったのかな。
あとぐっすり眠れるようになりました。それまでは夜中それほど深い眠りでなかったのが、気付けば朝・・・という具合に寝ています。

期待してたけど、この効果にはちょっと驚き。
ちょっとバテたらまた行かなくてはいけませんね!

グリコ アーモンドチョコレート 

最近セブンイレブンやマックスバリューでグリコのアーモンドチョコレート(日本製)が売っています。
日本製のチョコレートは普段も売ってますが、これは最近。しかも値段が日本で買うより安い。
10粒入ったので30バーツ。他にも15バーツと25バーツの物が売っています。

おそらく日本で新製品が出て売らなくなった物をタイで処分しているのかと推測しますが、日本より安く買えるので大量に買っておきました。そのうち無くなってしまうでしょうから。
量販品のチョコは日本のが一番です。
ALMOND  CHOCO
よく駅のキオスクなんかで売ってましたね。懐かしい^^

ソンクラーンの旅行 

最近一気に暑くなってきましたね。
今年は乾季の期間中、涼しい日があまりなかったような。。
去年みたいに3月・4月が涼しくなったりしないでしょうね。

さて、年明けを迎えたのがついこの前のような感じがするのですが、もう3月に突入しあと1ヶ月でソンクラーン(タイの正月)となりました。

うちの会社は9連休となるので、僕は海外逃亡を図ります。
2月中にLCCのウェブサイトでどこが効率的でコストパフォーマンスが良いかと色々と調べて、以下旅路を組みました。

バンコクKLコタバルプルフンティアン島コタバルKLメダンドバ湖メダンバンコク

折角の長期休みなので聞いたことの無い秘境的な所に行きたいなと、近場のマレーシア東海岸のプルフンティアン島で綺麗な海をみながらゆったり&インドネシア・スマトラ島の高原の巨大湖ドバ湖でゆったり・・・な非日常で静養するといった旅を目論みました。

5フライト程ありますが、すべてAirAsiaで予約済みでトータル7000バーツ(2万円弱)と驚きの価格。
AirAsiaは今年日本でも立ち上げられますが、大手キャリアとどのような差別化を図ってくるのでしょうね。

宿はまだ手配していないけどどうしようか考え中。
島では安宿に泊まって世界中の旅行者と友達になるも良し、綺麗なリゾートでゆったり本でも読むも良し。

てなことで、今年のソンクラーンはマレーシア&インドネシア(スマトラ島)を攻めます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。