スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラブリで高原の朝 

午前中ゴルフに行って帰ってきたのが午後2時前の土曜日。
乾季で朝は寒いくらいの涼しさ、天気も良くとても気持ちがいい季節です。

この季節の朝の清々しさを味わいたく山のほうへ行くことにしました。
午後3時に家を出てバンコク北東へ150km、イサーン(東北地方)手前のサラブリ県ムアックレックへ。

アウターリングを通ってアユタヤまで出ましたが、途中洪水の影響で道路を直しており渋滞。
アユタヤ過ぎた2号線でも反対方面の車線が冠水しておりバンコク方面行は大渋滞していました。

そんなこんなで思っていたよりも時間がかかりムアックレックまで到着しました(17:30過ぎ)。
宿は以前も泊まったことのあるBaan Suan Rojana Resorというところ。

予約無しで行きましたが、幸いなことに最後の1部屋が残っていて、"3人用で1500バーツなんだけど2人だから1000バーツでいいよ"ということであやかりました^^
宿
1件家タイプの部屋です。

それから夕食へ。
ムアックレックから少し行ったチョクチャイ牧場です。
チョクチャイ
いつもの如くハンバーガーを食しました。
午後7時で閉店ということで(入店6時45分)テイクアウトして外のテーブルで食べました。
ここのポテトはジャガイモ感があっておいしいです。

再び宿に戻った後、宿から近いところへ星を見に行きました。
これだけ満点の星をみるのは久しぶり
流れ星もいくつか見えました。

夜のリゾートは雰囲気があります。
広い庭を要しており、灯りが散りばめられています。
宿
団体さんもいて庭に用意したステージで歌ったり踊ったりしていました。
宿
部屋のテラスで音楽聴いたり、パソコンしたり・・・
涼しく気持ちが良いです。
夜はあまりすることないので早めに就寝。

朝6時過ぎに起床。
宿
朝の空気が気持ちがいいです。気温は20℃くらいでしょうか。
夜は当然エアコンつけませんでしたが、毛布かけていても肌寒かったです。

朝食は僕らが1番乗り。
宿
カオトム(お粥)とトーストを頂きました。
こういうところで食べるトーストはとてもおいしいです。

部屋に帰って窓を開放し、青いそらと緑を感じながらウトウト。。
日差しもやわらかく、とても気持ちが良いですね。

9時過ぎに宿をチェックアウト。
ひまわり
サラブリ(とロッブリ)はひまわりが有名ですが、宿近くに咲いていたひまわり。
これは観賞用に植えてる感じでたくさんはありませんでした。
見たのはこれだけで、以前行ったことのあるひまわり畑にも行きましたがひまわりの姿がみられず・・・
(ひまわりは主に12-1月頃に見られる)

カオヤイの山が見えます。

カオヤイを望む

バンコクへは、同じ道を帰ると渋滞するというのを昨日見たのでカオヤイの方へ迂回して帰ることにします。

ムアックレック周辺には牧場が多く、乳製品の工場が多数存在しています。
僕がいつも食べているヨーグルトのDairy homeの牧場・工場もあり、そのレストラン・売店に寄りました。
Dairy Home
アイスクリーム。
牛乳と葡萄ヨーグルトの2スクープをこの陶器(持ち帰れる)に入れて60バーツ!
値段にびっくりしました。
ここではひまわりなど花のアイスもいくつかあり、ひまわりアイスを試食させてもらいましたが結構おいしかった。(バニラビーンズのようにちょっとしたアクセントのある味)

それからカオヤイ方面へ車を向かわせ、PBワイナリーへ。
ここはタイ有数のワイナリーで観光農園にもなっており、いろいろと見学・試飲ができるようです。
ここでは年末日本へ帰る際のお土産用に石鹸・美容液関係の物を購入。ほのかな葡萄の香りがとても良いです。
PB Valley
PB Valley

それからパリオ・カオヤイへ。
高原にあるイタリア村です。
パリオカオヤイ

パリオカオヤイ
ここはなんとなく散策しただけ。
相変わらず人は多いです。

昼食はカオヤイ国立公園入り口前のイサーン料理屋にて。
イサーンなのでソムタム・ナムトック豚をトムヤムクンと炒飯と合わせて食べました。
食事
ローカル感ある店内ですが、豚がおいしい!炒飯もかなりおいしかったです。

食後はカオヤイの山越えをしてプラチンブリまで出てバンコクまで帰ってきました。(3時間)

朝の清々しい空気を味わいにまた山に来たいと思います。

スポンサーサイト

The Nine 

日曜日の夕食に、今年7月にラマ9世通りにオープンした商業施設「The Nine」に行ってみました。

大きな駐車場を要していますが、探すのに苦労するほど多くの人がやってきています。
The Nine
とんかつ楽があるとのことで、とんかつを食べに行ったのですがまだオープンしてなく・・・
ラーメン・とんかつ・お好み焼き・しゃぶしゃぶ屋などが合体したお店(それぞれの店のメニューを注文できる)で僕はラーメン、相方さんはとんかつを食べました。

日本食屋も多く入っていましたが、食事以外で来ることはなさそう。
新しい商業施設がどんどんオープンしてますね。
同じくラマ9に来月オープンするセントラルプラザは、地下鉄駅前で便利そうですね。
是非行ってみたいと思います。

日本行きビザ無事取得 

先週金曜日に日本行きの観光ビザを申請した相方さんですが、
受取日に指定されていた今日 ビザセンターに受け取りにいったところ、無事ビザが取得出来ていたそうです。

1週間足らずで出るのですね。
洪水で被災した企業のタイ人に日本行きの特別ビザの発給したりと特別業務もしながらしっかりと指定日に仕事をこなすのはさすが日本だなと思いました。
タイの機関だったら、こうもいかないのかと・・・。

さて、日本行きまであと1ヶ月ちょっと!
相方さんの日本語レベルUPを図らねば・・・

No.43でランチ&ルンピニ公園で食後の運動 

乾季となり、乾いた空気に傾いた日差しですっかりと気持ちがいい季節となりました。
日本の秋のような様相を見せ、なにかの花の独特の匂いもして、季節感を感じさせてくれます。
これから多くの花が咲く季節でもありますね。

さて、日曜日。
洗濯をして、洪水で水をかぶって汚くなった車の洗車に行って、お昼にランスアン通りのCape House内の「No.43」へ行ってきました。イタリアンとタイ料理のブッフェですね。

11時過ぎに1番乗りで行ったのですが、殆どのテーブルが予約されており、残っていたのは2テーブルのみでした。。

ここは、白い店内と黒い窓枠の外に緑という なんか落ち着く雰囲気が好きです。ゆったり日曜日のランチを楽しめます。

No.43

サラダやチーズ系の料理がおいしいです。
今日はビーフ系料理がなかったのが残念。魚やチキンを頂きました。

No.43
デザートも充実していますが、甘かった。。
以前もこんなに甘かったっけ? タイ人の客が多くなって、それに合わせてしまったのでしょうか??
いっぱい取ってきてしまったので、ちと気持ち悪くなりました。

でもコミコミで350バーツなのはお得ですね。

食後はお腹一杯になり、大分カロリー摂取したので運動をしにすぐ近くのルンピニ公園へ。
ルンピニ
アヒルを漕ぎます!
公園内の池をぐるっと一周します。
ボートは30分40バーツ。

昼ですが、それほど暑くなくそよぐ風がとても気持ちがいいです。
木陰で昼寝をしている人たちも多くみられました。
ルンピニ
アヒルを漕ぐのは相方さん。僕は舵取りです(笑)
ダイエット&運動不足解消の為。

こんなのも見られます。
ルンピニ
ミズオオトカゲですがこいつは1.5m以上ありました。大きいです。
水際に結構な数いました。

それからベンチに座って風と緑を感じ佇んでいたり・・・

日本ビザ申請 

年末に相方さんと共に日本に行きますが、
それに伴い相方さんが日本の観光ビザの申請に行ってきました。

相方さんは日本へ行くのは当然初めてで、以前より取得しやすくなったと言うもののやはりタイから日本行きのビザの発給審査はまだ厳しい現状のようです。
(違法滞在・不法就労がみられる為ビザの審査が厳しいが、最近は経済の発展に伴い観光で日本に行くタイ人も増えたので事情も少しは変わったのかと・・・)

ですので申請の書類はしっかりしていないといけません。

相方さんは、
申請書・住民票・在職証明書・預金通帳のコピー・パスポートのコピーなどを準備。

今回の日本旅行では僕が保証人となるので僕の方で、
身元保証書・招聘理由書・滞在予定表(航空券E-チケット、北海道旅行の予約確認メール添付)・2人が写った写真(2人の関係を証明)・預金残高照明・パスポートのコピー・ワークパーミットのコピー・そしてカバーレターとして嘆願書を付けて提出。

今日、相方さん1人でシーロムにあるビザ発給代理センターへ行きましたが、5分ほどで申請は終了したそうです。

何らかの問題が発生したら、追加書類の提出依頼など連絡をくれるとのことですが、もし駄目だった場合には今後6ヶ月間の再申請が出来ません。

まあ、予定もはっきりしているし大丈夫だとは思うのですが、結果は来週までのお楽しみです。
(完璧にするなら、日本の親に保証人になってもらってレターや証明書を送ってもらうのが確実ですが)

今回の書類の中から相方さんの預金通帳で(毎月親に仕送りしながら)コツコツと定期で貯めているのを見て、ここから旅行代金を捻出させるのがちょっと可哀相だなとか思いますが、まあ楽しむ為に彼女からも出費はしてもらいます。(日本への航空券代だけ相方さん負担)

洪水にワニ潜む 

洪水のバンコク タイ人男性がワニにかまれ大けが

2011/11/ 4 (17:04)| トップニュース 社会

【タイ】バンコク都庁によると、3日、バンコク都内ラクシー区の洪水で浸水した地域でタイ人男性(29)がワニにかまれ、112針縫うけがをした。現場周辺では体長1メートルほどのワニが目撃されていた。4日午前の時点で、このワニは捕獲できていない。

 タイ中部では洪水でワニ養殖場から多数のワニが逃げ出し、バンコク郊外の浸水した市街地でも目撃情報が相次いでいる。
 一方、タイのメディアは2日、毒蛇のグリーンマンバ15匹がバンコク郊外の建物から逃げ出したと一斉に報じた。情報ソースはあいまいで、タイ当局は事実かどうか確認できていないが、タイ保健省はグリーンマンバの血清を輸入する方針を示している。

newsclip.beより

今回の洪水では養殖されていたワニなどが多数逃げ出していましたが、やはりこういうことになるのですね。。
確立的には洪水でワニに遭遇するのなんてきっと交通事故に遭うより少ないのでしょうが、(濁って見えない)水の中にワニが居るかも・・・と考えると怖いですね。可能性はありますから。

ゆっくりと洪水拡大中 

世界中の人がご存知の通り、現在バンコク近郊の洪水被害がひどいものとなっています。
バンコク市街地(スクンビットやシーロム)にはまだ水は来ていません。

昨日までの5日間 政府が公休日とし、多くのバンコク住民が避難した為 バンコクの車の交通量も少なく、静かな感じでした。
とはいえ、一部お店を閉めて避難した個人商店など以外は普通に営業していますし、市街地は特に浸水箇所も無く いつもとさほど変わらない状態です。
飲料水が手に入りにくいですが、探せば見つかるし、食べ物だっていくらでも売っています。

先日の大潮で潮位が上昇しチャオプラヤー川などから水が溢れましたが、これは潮位が原因の一時的なもの。
本格的な洪水の水はバンコク北から迫ってきている状態です。
これから東にも水が向かうようなので、会社も心配、とても危ない。

全くもってここまでの被害になるとは誰も予想だに出来なかったでしょうね。
取引先でも数社被災してしまい、いろいろと大変です。浸水してしまったら1ヶ月以上水は引かないでしょうし。

ゆっくりと洪水の範囲を拡大しながら水が迫ってきています。

かれこれ1ヶ月程騒がれている洪水。
いつ来るかいつ来るかと落ち着かない状態が続いており、そろそろ皆さん疲れましたよね。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。