スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺巡り 

今日はラタナコンシン・アイランド地区のお寺を巡って来ました。

ワット・アルン

Wat Arun
Wat Arun
塔の上まで上ってから下りて来るときに、太ももがすごく硬くなった様な感じで筋肉が痛かった…
ここの階段はとても急なのですが、以前来た時もこのようになり、、足が動かなくて困りました^^;


ワット・ポー
Wat Pho


ワット・プラケーオに行ってからその隣の宮殿
Chakri Maha Prasat Hall

どこも外国人は入場料を払わなければいけないのですが、タイ人は無料。
自分も疑われることなく、すべての箇所をタイ人として通過しました。。

ワット・ポーの外にて売られていた刺繍の絵があったのですが、タイ人用価格は450バーツ、白人用価格は3900バーツでした。
すごい差ですね^^;

これらのお寺に行ったのは久しぶりですが、たまにはこういった雰囲気もいいですね^^

スポンサーサイト

中国・雲南省の旅行 後記 

今回の雲南省の旅行、よかったです!

雲南省は日本の国土よりも広く、中国の中でも最も多い種の少数民族が暮らしている所。それぞれの土地により異なる文化を楽しむことができました。

ちょっと心配していた"中国人"ですが、想像たり聞いていた素行の悪さというのは見られずに、とてもやさしい人たちでありました^^
バンコクから昆明での飛行機では、昆明空港に着陸した際に一部の人が席から立って荷物を降ろそうとしましたが、CAの機内放送により案内があるまで座ったままでいてくださいと言われると、飛行機が停止・ボーディングブリッジが着いてビジネスクラスの客が降りるまで皆きちんと着席している光景にびっくりしました。(普通、飛行機が停まってベルトサインが消えるとみんな席をたちますよね)
友達はご飯などすべて奢ってくれようとしたように、おもてなしの心を持っていましたし、
道に迷っていると"どこに行くんだ?"みたいな感じで、行きたい場所まで献身的に案内してくれようとしたり、
とにかくいろいろと話しかけられたり、やさしくしてくれたりと印象がとても良かったです。
自分も中国語ができたらとても楽しい旅行になるのだろうなと感じました。

使ったお金は、
飛行機代
バンコク⇒昆明 11,000 バーツ
昆明⇒麗江 310元
麗江⇒昆明 480元
ホテル代
5泊 1,800バーツ+270元
食事・お菓子代
200元
観光代(入場料)
415元
交通費
130元

計 14,000バーツ+1800元 = 約64,000円(+お土産等) でした^^

今回は寒さとの戦いであったので、今度は春の季節に是非いってみたいです!
(自分の寒さに対応できなくなっていた体にびっくり!体がタイ仕様に変化してしまっていたようです。タイ人が「冬の日本に行ったら死んでしまう…」なんて言っているをよく聞きますが、あながち冗談でもないのかもしれませんね^^;)

雲南旅行 昆明⇒盤谷 

1月1日、2010年の始まりです!
起きて、朝食も食べに行かずに部屋で布団に包まってテレビを見ながらグダグダと。。
ここにきてからの寒さと乾燥で喉をやられてしまい、喉が痛いです。体調が思わしくない^^;

9時過ぎにチェックアウトをして、雲南大学へ向かいました。
ここで友達と待ち合わせ。
大学はどこの国も同じような感じですね。
友達と落ち合ってから、薬屋に行って喉の薬を買い、雲南師範大学を案内してもらいました。

FTA発効
構内では、1月1日から発効される中国とASEANのFTAの会議やってました。各国の学生が集まって、意見の交換会をしていた模様。タイ語も聞こえてきました^^
大学内ではバスケットボールをやっている人が多いですね。人気のようです。

それからCDショップに行って、中国のPOPsCDを2つ買いました。それぞれCD3枚入りで15元(200円)。安いです。

カフェでお茶をして、街をぶらぶら。
そして公園に行って、友達と別れました。

別れた後は、ホテルに戻り預けていた荷物をピックしてから空港へ。

一路バンコクへの帰路となりました。

空港へ着いてみると、、暑い(=_=")
寒い寒いと言ってたのが、あっという間に暑いバンコクへと戻ってきました。

思っていたよりも興味深いところでした、雲南省!
また行きたい所です^^

明けましておめでとうございます! 

麗江
明けましておめでとうございます。

中国の昆明で年明けを迎えました。
昨年はいろいろと大変な年でしたが、今年は世界全体がいい方向に上向いてくれれば良いと願っています。
ブログもちょっと休止してしまっていましたが、またアップしていきます。
(中国・雲南省の旅行を下にアップします)

それでは、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。