スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車厄週間 

今週一週間は車関係でついてない一週間でした。

まず月曜日に警察に捕まる。
アウターリング(バンコク環状高速道路)をバンナーからアユタヤ方面へ向かっていたところ、ラムカムヘン出口手前の料金所にて警察に捕まり罰金。
スピード違反なのですが、普段この場所で取り締まっていたことは一度も無く、全く警戒していませんでした。
後ろの車がしきりにヘッドライトをチカチカさせていたので"なにやってんだ!?後ろの車は・・・(アホウか?)"なんて思っていたのですが、あれはスピード違反の取締りをやっているのを知らせてくれていたサインだったのですね・・・

料金所を出たところで車をとめられ
「ちょっとスピード出しすぎですね、あっちの端っこのレーンに行って車をとめてください」
そして車を端っこにとめると違う警察官が
「スピード出しすぎですね。免許書を貸してください。500バーツの罰金になりますので車から出てあちらで払ってください。」
袖の下200バーツで許してもらおうと思ったら普通に流されてしまいました。。

車を出ると仮設テントが設置してあり、そこが罰金支払い所となっていました。
そこのお姉さんが書類を書いてくれ、僕がサインをして、500バーツ払っておしまい。
2分で終わりました。
支払いを終えると
「ありがとうございました」とご丁寧なお言葉を頂戴しました。
・・・ってなんでお礼を言われなくちゃならないの??(僕は違反者ですが)

車に乗るときにも警察官が笑顔で
「あまりスピード出しすぎないで気をつけて運転くださいね」
って、、なんかみんなやさしくて気分がすがすがしくなってしまいました^^;
違反してるのにね。
でも500バーツは思っていたより安かったのでよかったです。


金曜日には、仕事後 同僚とマグロを食べに行こうとラチャダー通りにある「大和ダイニング」に行く途中にパンク。
4車線道路の右から2車線目を走っていたらなにかの凸物にぶつかり、パンク。。(全く見えなかった)
ひとまず大和ダイニング前まで行って、スペアタイヤに履き替え。
ここはタイらしく、店の門番の兄ちゃんたち頼んでにやってもらいました^^;
2人でやっていたみたいなので、300バーツのチップはあげ過ぎたかとちょっと反省。(200バーツが妥当か)
まあ、お金で解決・楽が出来てしまうタイらしいやり方ですね。(あまりよくないとは思いますが)

次の日に車の修理工場に持っていって、タイヤを交換してもらいました。

ちょっと車に関してついていなかった週でした。

スポンサーサイト

ホーチミン旅行 3日目 

ホーチミン最終日。
朝の6時半に起床し、部屋にて昨日コンビニで買ったバナナ一本(2000ドン、4バーツ、、安い)食べて7時過ぎにチェックアウト。
ホテルから空港までタクシーを呼んでもらい、9時40分発の飛行機にてバンコクへ帰って来ました。

初めてのホーチミンでしたがバンコクとも雰囲気が違いなかなか面白かったです。

やはりバイクが多く、バンコクの交通はなんて秩序があるのだろうと思うほどすごい交通っぷりでした。交差点やロータリーでは四方からバイクが突っ込んでくるカオスですね^^;
road

また友達らにもお世話になり、昨日は紙で作った大きな入れ物(果物入れ?)をお土産として頂戴しました^^

今回はホーチミンの市内だけで、メコンデルタや山岳地帯・ビーチなどに行って見たいので、また行くと思います。

今回はスワンナプーム空港にて1000バーツを米ドルに両替、現地にて1300バーツをドンに両替しましたがそれでことが足りました。
その他ホテル代で1900バーツ、航空券代で2600バーツなので 計6800バーツ(1万8千円強)の旅行でした。

ホーチミン旅行 2日目 

朝8時前に起床。
2日目は旅行会社が催行するメコンデルタへのツアー(9$くらい)へ参加しようかと考えていましたが、催行時間が朝の8時から夕方6時までと朝早く長いので、ゆっくりしたかった僕は参加しないこととしました^^;

宿で卵がのったフォー&生絞りオレンジジュースの朝食を済ませて部屋でインターネットしたり寛いだりした後に10時過ぎにホテルを出ました。
ホーチミンの観光名所を歩きます。

途中公園を歩いていたら、「あなたは外国人ですか?」と女の人に英語で話しかけられました。
女性:「もしかして、日本人?」
僕:「ハイ」
女性:「ホウントウ?コンニチハ!」「実は私の息子は日本の早稲田で勉強しています」
・・・中略
女性:「息子から手紙が送られてきたのだけど、一部漢字が混じっていて読むことができなくて、心配で困っている」
「もし時間があったら家にきて読んでくれませんか??」
と。。。

・・・息子さんは母親が漢字読めるか読めないかもわからないのでしょうか?
別に悪い人じゃなさそうでしたが、べつに興味ないし、、僕の時間をとられたくないので当然お断りしましたが。。なんだったんでしょうね?

ホーチミン最大の市場であるベンタイン市場を通り、
ベンタイン市場
統一会党(旧大統領官邸)へ。
統一会党
15000ドン(約30バーツ)の入場料を払い、中へ。
会議室や旧大統領の執務室などを見学できました。(これといって見ごたえのあるものは無し)

それからサイゴン大教会
サイゴン大教会
中央郵便局
中央郵便局を見ました。

それから戦争証跡博物館へ行きました。
11時40分に行ったのですが、12時に一旦閉館(昼休み)とのことで見学できる時間は20分。
ここはベトナム戦争について写真や銃器・爆弾などが展示されている所です。敷地内には戦車や戦闘機も展示されています。
1時間くらいかけて展示してある写真と説明をそれぞれ読みたかったですが、20分でざっと見学してきました。
兵器や爆弾によって死んでいる人達、枯葉剤で重い障害を持ってしまった人達・・・
短い間にいろいろ感じ受けましたが(割愛)、、自分達はとても幸せなんだなと感じました。
怖かったです。

それからホテルの近くまで戻ってきてカフェでハンバーガーの昼食をとりました。

ホテルに戻って、シャワーを浴びて、インターネットして、昼寝^^;

夕方の5時になって友達が迎えに来てくれました。
バイクの後ろにまたがって、夕食を食べに。

ちょっとモダンな感じのお店(チェーン店?)で豚とご飯を食しました。
豚飯
豚のご飯も普通においしいけど、付いてきたスープがかなりおいしかった。
ジュースも入れて55000ドン(110バーツ)位でした。

それから市内をバイクで少し散策してから、昨日のもう一人の友達と合流してサイゴン川リバーサイドへ。
川岸を散歩してからもう一人の友達がまだご飯を食べていないとの事でドンコイ通り近くのカフェに。
カフェ
シックな感じで落ち着いており、いい雰囲気ですね。
カフェ
僕はココア(35000ドン:70バーツ)とイタリアンアイス・パフェ(50000ドン:100バーツ)を頼みました。

もう一人合流してしばしの談笑&寛ぎタイムと相成りました。
カフェ

ホーチミン旅行 1日目 

さて本日はタイはチュラロンコーン大王記念日ということで祝日。
金・土・日と3連休です

そんな3連休、僕はベトナムのホーチミンへ旅行に行ってきました。
以前(5月くらい)AirAsiaのホームページにてプロモーションをやっており、この3連休をベトナムに行こうと予約していました。空港使用料等込みで往復2600バーツ。約7000円だから安いですよね^^

フライトが7時半なので4時半に起床。
5時半に家を出て空港へ。海外出国は久しぶりですが、3連休の為なのかチェックインカウンターならびに出国審査でかなり混んでいました。
AirAsia
AirAsiaはA320の機体で席間隔等狭いですが、内装は割とキレイです。僕はあらかじめ席を指定していました。
定刻どうりの出発・離陸から1時間15分程のフライトにてベトナム・ホーチミンに到着!

さて 久しぶりのベトナムですが(以前ハノイに行ったことあり)、空港を出てタクシーを探しますがなかなか難しい。。
5年前の地球の歩き方を持っていたのですが、そこには4ドルで街中まで行けると書いてあり、さすがに今はUS$も安くなったし物価も上がっただろうから6ドルくらいで行けるだろうとふんでいたのですが、タクシー乗り場の運ちゃんの言い値は8ドル・・・
結局8ドルで街中のホテルまで連れて行ってもらいました。
30分弱でホテルに到着。

ちなみに空港で両替しましたが、1000バーツ⇒53万ドンでした。
タクシーはメータも動かしていてその表示は10万ドン強でした。
頭の中でドン・バーツ・ドル・円の換算がこんがらがります^^;

11時くらいにチェックイン。
泊まる宿は予めインターネット(agoda)から予約していました。
着いてから探すのも面倒ですからね。
Saigon Mini Hotel 1というミニホテル。1泊950バーツほど。
ベトナムにはキレイなミニホテルというカテゴリーの個人経営のホテルがたくさんあっていいです。
部屋はキレイでインターネットも無料で使えます。

しばらく休んでから、探索へ。
De Tham通り
ホテルは旅行者の多いBui Vien通りの傍にあり、そこから歩いてその通りやバックパッカーが多いDe Tham通りを散策しました。

お昼の時間なので昼食をと、ベトナムですが中華が食べたかったので中華料理屋(四川や山東)を探しましたが無く、屋台でフランスパンのサンドイッチ(バインミー)を購入。パンの中には魚のパテや焼き豚・野菜などがたくさん入っていて8000ドン(15バーツ、40円)は安いですね!
バインミー
味は文句なくおいしいです。

ホテルにて昼寝をしてから、夕方から行動再開。
ベトナムの情報を集める為にインターネットを通じて知り合った友達と会います。
6時に会って、それから食事へ。
フォーのおいしいお店に連れて行ってもらいました。
フォー
牛肉と海老の入ったフォーですが、おいしいですね!
タイのクイティアオよりもフォーの方が好きです。
そこで友達の友達も合流。

その後、オシャレなCafeへと場所を移しいろいろと国際トークに花を咲かせました。
カフェ
カフェ
ピアノの生演奏もしていて雰囲気いいです^^
ベトナムはこういったCafeも多いですよね。

それから目抜き通りであるドンコイ通りやサイゴン大教会付近を歩いて11時半頃に帰ってきました。
opera house
city hole

母親のタイ旅行 会計編 

さて今回の母親のタイ旅行についてまとめてみたいと思います。(会計)

1日目
15時 空港到着
⇒ 僕の部屋へ
⇒ タクシー&BTSにてセントラルワールドへ、タイ料理屋で夕食。(350バーツ/人)
⇒ セントラルワールド隣接のCentaraホテル55回のレストラン&バー「Red sky」にてお酒を。(1200バーツ/人)

*交通費:120バーツ

2日目
9時過ぎに家を出てエンポリアムデパートに駐車
⇒Fujiスーパーによって、カスタード中村にてパンを購入後エンポリアム内のスーパーにて(食べ物中心とした)土産物購入
⇒トンローにあるイタリアンレストラン「Beccofino」にてランチ(500バーツ/
人)(母親グラスワイン2杯)
⇒「AsiaHerbAssociation」トンロー店にてエステの2時間半コース(1650バーツ)
⇒部屋に一旦戻った後にタクシーにて中華街に、フカヒレ・アワビなどを食す(500バーツ/人)(母親ビール2瓶)

*交通費:120バーツ

3日目
8時半頃家を出てフアヒンへ
⇒11時頃フアヒン到着、ショッピングセンターに立ち寄る
⇒シーサイドレストラン「Supatra by the sea」にてタイ料理の昼食(350バーツ/人)(母親ビール2瓶)
⇒宿泊先の「AKA Resort」へ(2100バーツ/人)
⇒夕方にフアヒン市街へ、イタリアンレストランにて夕食(350バーツ/人)
⇒ナイトマーケットで雑貨の土産物購入

4日目
7時にチェックアウトをして「Black Mountain Golf」へ
⇒朝食をとった後に8時半よりプレースタート
⇒12時半頃に終了し、シャワーを浴びた後にゴルフ場にて昼食
(グリーンフィー&キャディーフィー:1800バーツ/人、朝食:200バーツ/人、昼食:350バーツ/人)
⇒14時頃にフアヒンを離れ16時半にバンコク到着
⇒ショピングセンター「Carrefour」にて最後の買出し(土産)
⇒19時半に部屋を出て空港へ
⇒空港で夕食(ラーメン)をとった後、22時半のフライトで日本へ(夕食:250バーツ/人)

*ガソリン代:500バーツ/人

滞在中の費用は、
約10300バーツ+お土産代
日本・バンコクの往復航空券代が約50000円(JAL利用)だったそうなので、全部で8万円+ほどで今回の旅ができますね^^
(実際は僕がホテル代やエステ代を払ったり、母親がご飯代を払ったりしましたが、、)

AKA Resort 

フアヒンで泊まったリゾートを紹介します。
フアヒンの市街地から10km弱程西の山の方にいったところにある「AKA Resort」、ここに泊まりました。

タイの農村の田舎の中に現れるこのリゾート、完全プライベートビラタイプとなっています。
AKA resort
14時チェックイン開始に対して僕らが行ったのは13時過ぎ。少し待つこととなりましたが、その間にウェルカムスイーツ&お茶をだしてくれました^^
AKA resort

13時45分くらいに部屋へ案内してくれました。
部屋までは専用のカートにて送ってくれます。

大きな門のような扉をあけるとそこには2つの家屋&プールが目に飛び込んできます!
今回予約したのはデラックス・プールビラというカテゴリーの部屋。
プライベートプールを目の当たりにするとテンションが上がりますよね^^

リビング&ベッドルームがある家屋とSPA用のベッドルームがある家屋、2つの家屋が敷地内にあります。
どちらもバスルーム付。メインの家屋は上に上がれてそこには東屋がありベッドが置いてあります!
350㎡の面積です。

続きを読む

ヤワラー(中華街) 

母親来タイ2日目に行ってきた中華街。
ヤワラー通り沿いにたくさんの中国的なお店が軒を連ねています。
この付近にはインド人街があったり、泥棒市場なんて呼ばれている露店で様々な雑貨を売っている路地なんかがたくさんあります。

中華街にはフカヒレを食べに行ってきました。
ヤワラー通りについた瞬間母親は「香港だね!ここは。」なんて言っていましたね。
食べ物屋や金行がたくさんあります。
china town
china town
自分はヤワラーには2・3回しか来たことがないので、あまりよく知りません。
なのでフカヒレはガイドブックなどに載っていて有名な「和盛豊」へ行きました。
china town
店内は特にきれいなお店というわけではありませんが、様々な人種の人たちが来ていて店員も忙しそうに動いており活気があります。
china town
フカヒレとアワビの煮込み700バーツ。
飲茶1セット30バーツは安いですね!

フカヒレは300バーツからありました。
「これで明日お肌プルプルになるかしら?」と母上は仰っていました^^;

その他にビール飲んで、チャーハン食べて、やきそば食べて1200バーツくらいでした。

お腹がいっぱいでなければ、肉まんとかフルーツジュース(シェーク)なんか格安でおいしい物が売られていますから食べ歩きなんてのも楽しいと思います。

china town
お寺

beccofino 

母親来タイ2日目の昼食に行ったイタリアン、トンロー・ソイ4付近にある「Beccofino」です。
ここは有名ですね。自分は初めて行きました。

行ったのが11時半前だったのでオープンまで併設しているワインバーで待っていました。
夜に来たらここ雰囲気よさそうですね^^
beccofino

11時半になり店員に呼ばれてレストランの中へ。
ランチはセットメニューになっており、僕は360バーツ++のセット(スープ+前菜ブッフェ+メイン+デザート+コーヒー・紅茶)を注文。
母親は上記+グラスワインの480バーツ++のセットを注文しました。
beccofino

続きを読む

Red sky 

母親が来タイした際に1日目に行ってきたCentara Grand at Central World Hotelにある「Red sky」についてご紹介します。

セントラルワールドにてタイ料理の夕食を食べた後に、お酒を飲みに行こうと隣接しているCentaraHotelのバー「Red sky」に行ってきました。
本当はStateTowerにある展望バー「The Dome」やミレニアム・ヒルトンにある「360」に行こうかと思っていたのですが、雨が降っており、近場でということでここになった次第です。

ロビー階からエレベーターにて55階まで。
エレベーターを降りるとそこは全フロア「Red sky」となっています。
本来屋外の席があるのですが、雨が少し降っていた為にその時はクローズしていました。

Red sky
Red sky
8時くらいに行ったのですが、時間帯からか食事をしている人が多かったです。
僕らはドリンクとつまみ程度。
テーブル席やソファー席などいくつかのタイプの席があり、僕らは半円形のソファーに着席。
ピアノのすぐ傍で生演奏&生歌をしており、雰囲気もよく、母親はその音楽&歌に聞き入っていました^^
Red sky
外には出られたので出てみると、やはり55階だけあって眺めはいいです。
Red sky
チリ産赤ワイン(グラス)390バーツ++
スイカシェイク150バーツ++
チーズ盛り合わせ550バーツ++
フルーツ盛り合わせ280バーツ++
などを注文し、計2400バーツでした。
ちょっと高いですね^^; 母上が払ってくれました。

母親来タイ 4日目 

月曜日。
5時半に起床。
一晩降っていた雨も止み、空が白み始めてくる。
7時過ぎにチェックアウトをしました。

そして向かうはゴルフ場。
母親とゴルフは今回のメインイベントでもあります。
車で10分弱でBlack Mountain Golf Clubに到着。
ここはできてまだ新しいゴルフ場で、プロのトーナメントなんかも行われるところです。

10月までグリーンフィーが半額と言うことでグリーンフィー1500バーツ+キャディーフィー300バーツでプレーができました^^
カートは残念ながら雨が降った為に使用不可でした。。
black mountain
平日ということもあってか人が少なく快適プレーです。客層も欧米人がほとんど。
山に囲まれていて、遠から雷が響いてきます。

途中で雨が降ったり止んだりの天気だったのが残念。
晴れていたらさぞかし気持ちがいいコースだったかと思います。

母・息子対決は母親に軍配^^;
前半は僕が勝っていましたが、後半に崩れて負けました。
(母親100ちょっと、僕110ちょっと)
humburger
シャワーを浴びてゴルフ場のレストランにてお昼。
ハンバーガーを食べましたが、これがかなりのボリュームですごかった。
欧米人向けですね^^;

ゴルフ場を後にして、そのままバンコクへ向かいます。
途中スコールに降られながらも、2時間半ほどでバンコクに到着。
家の近くのカルフールにて母親が最後のお土産調達をしてから部屋に戻りました。

7時半に部屋を出て空港までお見送り。
空港のレストラン街にて一緒にラーメンを食べ、お別れです。
今回久しぶりの母子2人旅となりましたが、楽しんでくれたかな?

自分としてはちょっと悔いが残る部分もありましたが、また今度来てくれたら嬉しいです。
そしたら今度はパタヤ・ラヨーン方面にてゴルフ&キレイな海旅行なんかに連れて行きたいな、なんて思ったりしています。

まあ、お互い元気でやっていればそれが一番。
また会う日まで^^
Suvarnabhumi
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。