スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日 

明日からは連休。
会社によりますが、月曜に休みをもってきて火曜の祝日まで5連休というところも多いようですね。(僕も)

そんな連休前の夜は友達と待ち合わせて、その恋人とその親類と・・・で5人でRCAに行ってきました。
久しぶりのパブですね。
Slimに行きましたが、連休前ということで結構人手混み合っていました。

そして、久しぶりに酒に酔いました。
普段飲まないウォッカをそれなりに飲んだので、途中から意識が遠くなり・耳が聞こえなくなり・目が見えなくなり・・・(=_=")
記憶はあるのですが、意識が遠い、、、酒がまわるとこんな風になっていまします^^;
1時過ぎに頑張って意識を保って、店を出て、家まで車で送ってもらって帰ってきました。

家に帰って、一応歯を磨いて、顔を洗って、ソファーにバッタン。
そんな夜でした。

でも、ひさしぶりのディスコでみんなでワイワイは楽しかったです^^

スポンサーサイト

4月26日 

5月連休の行き先をラヨーン方面に決定。
ラヨーンの海岸沿いのホテルをネットにて1泊予約。
2泊3日で行こうかと考えているので、もう1泊をチャンタブリーまで行こうかと検討中です。
今回は一人なので街歩きなどして、一人旅ならではのその土地の雰囲気に身を置くといったことをしていろいろと感じてきたいなと思ってます。


(本日の)夕食はどんぶり飯が食べたくなったのでプロンポンのキッチン新潟にでも行こうかと思ったのですが、ちょっとわざわざそこまで行くのが億劫に感じたのでそこはやめて、ジャスコ・パタナカンにあるサーモン亭へ。
最近値上げをしたので足が遠ざかっていたのですが、それでも生姜焼き定食・125バーツはCPがいいですよね。
ご飯大盛も結構大盛にしてくれて+5バーツでした。ご飯がもうちょっと噛みごたえ(粘度)があれば良いんですけどね。
生姜焼き定食
でも、付け合せのひじきと漬物とポテトサラダが良い感じなのです^^

さて、5月1日には友達らとバンコク近郊に遊びに行くことになっているけど、どこがいいかなぁ、、と現在検討中です。

4月25日 

朝の4時に起床して5時前に外出。
こんな休日のまだ夜の明けないうちに家を出て、明けていく夜を感じを味わいつつのドライブは好きです。
途中コンビニによって飲み物等を買い、バンナーに出て高速に乗り着いたゴルフ場。

6時半前にスタートしました。
朝の空気はやはり気持ちが良いですね。
TCC
でもスコアは・・・成長しませんね^^;
朝ボールを確認したら2つしかなかったので、ロストボールをゴルフ場にて買おうとしたら、高いですね!5から10個入りで590バーツでした。。
なので、値段があまり変わらないので新しいボールを買ったのですが、、全部なくしました orz

10時半過ぎにラウンドを終えて、シャワー、食事。
ゴルフを終えたあとのシャワーはとても気持ちよく、また食事もとてもおいしく感じられてちょっと幸せな時間です^^


それからバンコク市内に戻って、マッサージに行った後、お客さん(社内)を空港まで送って、また上司と合流してプラカノンのゴルフ練習場にて6箱打ってきました。反省会^^;

そんな土曜日。

旅行計画委員会 

もうすぐゴールデンウィークですね。
日本なんかだと25日の土曜日から休みとなる会社も多いとの事。
うちの会社は1日から5日まで5連休でそのあと8・9・10日と3連休です。(タイもこの時期祝日が多いのです)

せっかくのお休みなので、どこかに行こうかと考えているのですがまだ決めていません。

現在のところ東部ラヨーン方面に行って1日は海沿いのリゾートでのんびり、2日目は地方都市(ラヨーンやチャンタブリー)にて1泊の2泊3日旅行が有力。

そのほか以前行ったことがあるミャンマー国境のある西部サンクラブリーまで行ってエキゾチック感を味わってくるのもいいかなぁと考えています。ミャンマーのモン族が住む村を歩くなんてのはいいですよね。

本当はナコンナーヨックの滝があるリゾートなどでキャンプをしたいんですけどね^^;
まあキャンプといっても2LDKとかのコテージを借りて、テラスなどでバーベキューや日本のカレーをみんなでわいわい作って楽しみたいのです。(キャンプじゃないか^^;)
タダ単にタイという地で日本のカレーをみんなで作って食べるというのが目的。
ちょっとこれは計画倒れしましたので次回。

http://www.hotels2thailand.com/
今はこんなサイト(↑)でどこに泊まろうかと検討中なのです^^

セブンイレブンのお弁当 

タイのセブンイレブンでは一部の店舗にて日本のコンビニみたいに独自のお弁当を売っています。

でもなかなかこの弁当を売っている店舗を見なかったのですが、先日オンヌット46の店舗にて発見。
鳥照り焼き弁当
写真は鳥の照り焼き&チャーハン弁当・35バーツ。
確か日本の技術協力があってこの弁当が生まれたと聞いたのですが、これがなかなかどうしておいしい^^ ちょっとびっくりしました。
抵抗なく食べれます。

このほかにもガパオ弁当(豚の挽肉バジル炒め)(29バーツ、目玉焼き付:39バーツ)は結構いけます。
辛さが強くなくて日本人に丁度良い感じ。
(日本へのお土産にも良いんではないかと・・・)

ただ、タイでは道端でのお店(屋台)がたくさんあり、30バーツあればその場で作ってくれて食べられますので、これが今後どう浸透していくのかは定かではありませんが、自分の家の近くのセブンイレブンにも置いてくれたらいいのになぁと少なくとも自分は思うのでした。

また、このオンヌット46の店舗は従業員の対応がしっかりしていて店舗もキレイで弁当もおいてあることから、日本のコンビニのそれと雰囲気が同様でちょっと寄りたくなる店舗なのです^^
(自分はシーナカリン通りからオンヌット通りの抜け道としてこの店の前を通ることが多い)

4月15日 

7時に起床して、洗濯、テレビ、インターネット。
バンコクの夜はとても寝苦しかったです。朝の最低気温も28度以上あったとか・・・
この間のワング・ナム・キアオでの布団をかけて寝ていたのが恋しいです^^; ←重い布団などかけて寝るのが落ち着く、気持ちがいい人

10時半くらいに部屋を出て伊勢丹へと向かったのですが、さすがソンクラーンで道が空いていて家から20分で到着してしまいました!

それから帰宅し、そうめんを茹でて昼食。
カルフールで買った47バーツ(乾麺)のそうめんにざるそば仕様のつゆ&ワサビで食しました。

夕方からはエスプラナードにて友達と会い、CoCo壱でカレーを食べて(豚シャブカレー(150バーツ)+ご飯350g(30バーツ)+サラダセット(50バーツ))から”Fast&Furious 4”(邦題:Wild Speed 4)の映画を見ました。
これはシリーズ1の続きで結構面白かったです。

そんな1日。。

イサーン旅行 mahasarakham⇒BKK 

さて、今回のイサーン旅行。
本日を最終日としてバンコクに戻ることにしました。

朝の9時半にマハサラカムを出発し、バンコクへの帰路へ。
2時間半ほど(約200km)でナコンラチャシマまで来て、ガソリンスタンドで一回目の休憩。
タイのガソリンスタンドは日本でのサービスエリア的な役割を果たしており、セブンイレブンや食事処・お土産ショップが併設されているところが多いです。

それから100km弱走って、チョクチャイ牧場で昼食。
チーズバーガー@チョクチャイ
チーズバーガーと水で125バーツの食事。
前回1月に来た時と違って肉が硬くなく、結構おいしかったです^^

それから途中給油休憩を一回入れて、バンコクに帰ってきました。
バンコクまでは殆ど渋滞がありませんでしたが、住んでいるオンヌット通りが水掛けに勤しむピックアップトラックや道脇の人たちで渋滞してました^^;
シーナカリンとの交差点から3kmの距離に30分かかって帰宅。
午後4時に部屋に戻ってきました。

今回の旅行ですが、
車での旅行というのも自由がきき、荷物も好きなだけ持っていけるので良いですね^^
運転は若干疲れますが・・・

下記は今回巡った場所
イサーン旅行 地図


イサーンの牛と畑の農村地帯を駆け巡り、地方都市を垣間見てというのもいいものです。
もっともタイはインフラがある程度整っているので、イサーンといえども時代をタイムスリップしたような近代と違った世界というのを感じることができませんが・・・ ←ちょっとそういうのもあるのかなと思っていた
(そういうのはミャンマーとかカンボジアとかの周辺国ですね)

ということで今回のソンクラーン休暇を利用したイサーン旅行はタイについて少しまた知ることができるいい機会となりました。

5月のゴールデンウィークにも休暇がありますが、さて、どこかに行こうか・・・

本日の走行距離:490km
今回の旅の総走行距離:1670km

かかった費用:
ホテル代:2900バーツ、ガソリン代:2650バーツ、食事代等その他:1500バーツ程 計7000バーツ強(2万円)

イサーン旅行 mahasarakham⇒roiet⇒mahasarakham 

7時に起床して9時にホテルをチェックアウトして出発。
今日はロイエットにあるお寺まで向かいます。

23号線を40km程走りロイエットの街を通過して走ることしばらく・・・
・・・遠い、、お寺まで1時間ほどをみていたのですが実際は130kmの距離があり2時間近くかかりました。
これで大したことがなかったらシバクぞ、(お寺の建物なんて大して興味はないし・・・)
なんて心中思いつつ、見えました山の上の仏塔!
山の上の寺院

山を少し上って入り口前でで車を降りて、入り口をはいり
山道・参道
山道を抜け

お寺見えた
おぉぉぉ

寺院6
現れたのはキレイで大きい建物ではないですか!

寺院
寺院2
門をくぐるとこれもきれい

寺院3
中もきれい

寺院4

イサーンの貧しい大地にそびえる天空のお城・空中庭園、、そんな感じを受けてしまいました。
寺院5


ここはプラ・マハ・チェディ・チャイモンコンというお寺なのですが、まだ完成はしてない新しいお寺(2007年にオープン?)のようで旅行ガイドなどにもまだあまり載ってないのではないでしょうか。

ちょっと遠かったけど、見ごたえはありました。


それからロイエットの街に戻り、池のある公園。
車を降りて道路を歩いているときに思いっきり頭から水を掛けられました^^;2回ほど。
ロイエットの公園

その後ショッピングセンターでKFCの昼食。
そとでは水かけを楽しそうにやっていました。

それからマハサラカムの街に戻って、友達をバスターミナルまで送ってお別れ。

本当は今日はコラートまで行って泊まろうかと思ったのですが、やっぱりやめてマハサラカムに宿泊することに。

昨日と同じ宿を取り、
街を車で探索していると、車の渋滞があったのでそこに入ってみることに。
予想通りそこでは水かけが行われていました。
カオ・マオ通り

道路わきで水を準備して通るピックアップトラックの(荷台の)人たちやバイクの人たちに水をかけたりしています。
僕も車に乗っていますが、車にも水をかけてきたり、白い粉を塗ってきたりしてきます。
カオ・マオ通り2

また、窓までやってきて窓をトントンたたき、僕がいいよいいよとジェスチャーしても、笑顔でダメダメと言って 窓を開けると
「ちょっとだけ塗らせてくださいね。ハッピー・ソンクラーン・ナ・カ ^^」
なんて顔に白い粉を塗ってくれたりします^^;
白い粉ではなくて、メンソール系の結構スースーする液なんかも顔に塗られたりもしました。
2kmの距離を1時間かかりちょっとソンクラーンを垣間見ましたです^^

それから夕食をと、市場に行ってカオニャオ・マムアン(マンゴーともち米)を買いました。
僕は見た目だとタイ人だと思われてしまうのでタイ語がわからない振りをするのですが、
そしたら「中国人なのかしら?」と店のおばちゃん同士で話をするので
「日本人ですよ」「一番おいしいマンゴーを選んでくださいね」
なんて言うと
「任せておきなさい。この店に恥じないようなおいしいマンゴーをえらぶわ」なんて言ってくれたり
「私の娘もバンコクにいるから紹介するわよ」
なんて気さくにいろいろと話してくれます。

そんなマハサラカムの夕べ。
明日はバンコクに戻る予定です。

本日の走行距離 : 280km

イサーン旅行 korat⇒buriram⇒mahasarakham 

朝の6時に起床。
雨はすっきりあがっており、高原のさわやかな朝の空気が気分を落ち着かせてくれます。
リゾートの朝
リゾートの朝 2
気持ちがいいですね^^


そして8時前に宿を後にして、山を下り、24号線に入って2時間・170kmの距離走って到着したのがブリラム県にあるパノム・ルン遺跡。

パノム・ルン遺跡

ここはクメールの遺跡で有名なところです。
カンボジア国境と近く、国境である山脈も見ることができます。
パノム・ルン遺跡 2

パノム・ルン遺跡 3

タイ人は20バーツ・外国人は100バーツの入場料ですが、もう慣れたもので疑われることなくタイ人として入場^^;
カンボジア人も多く見受けられました。

それからブリラムの街を通り、マハサラカム県にある白い仏塔がきれいなところへ。
ここで昔の住居郡(高床式)を見たりしました。
マハサラカムの仏塔



そしてマハサラカムの街に到着。
今日はここに泊まります。
とりあえずホテルへ。Taksila Hotelというこの街一番(?)のところへ。
今回、パスポートを持ってくるのを忘れたのですが特に問題なくチェックインできました。
1000バーツ(ウォークイン)の部屋ですがこのコストパフォーマンスにびっくり!
ホテルの部屋
ホテルの部屋 2
部屋はとてもきれいでいたるところに絵が飾られていて、旅行関係の雑誌なども20冊くらい、DVDプレーヤーとDVDソフト約30本、文房具セット、無線LANフリー、バスルームにもテレビ・電話あり!
よく見ると造りが荒い部分がありますが、この値段でこの部屋はよくやってくれています。さらに朝食はもちろんのこと、ウェルカムアイスorドリンクやカラオケ1時間フリーが付いてきます。
快適、満足ですね^^

マハサラカムはコンケーンより南東に100km弱行ったとことにある学術都市で、マハサラカム大学にもいってみましたがとても大きく、学園都市を形成していました。

夕食はイサーン料理屋でナムトック牛・ソムタム・魚のつみれ・豚の辛みそ炒めともち米を食事しました^^

本日の走行距離:450km

イサーン旅行 Bangkok⇒Korat(Wang Nam Khiaw) 

本日よりソンクラーン休暇ということでイサーンを旅することにした僕。
朝の4時家をに出発して友達を拾いバンコクを脱出。

途中のアウターリング(9号線)で少し渋滞していたものの、ランシット通り→33号線を通って304号線と合流するガビンブリまで200kmを約2時間の順調なドライブ経過。
しかし304号線からナコンラチャシマへと向かう峠越えコースが渋滞しており、、、
渋滞始まり・・・
ガビンブリからの50kmに5時間ほどかかってしまいました。

そして到着した本日の宿泊地である、ナム・ワン・キアオ。
Wang Nam Khiaw到着!
ここはプラチンブリ県を過ぎたナコンラチャシマ県にある高原リゾートです。
西はカオヤイで、有名な滝などがあり自然がたくさんのところです。話によるとここはオゾンの濃度が世界で7番目なところだとか。。(なにがいいたいのでしょうか)

宿泊する宿まで迷いつつ12時頃に到着。
ViewSuayResortというところで1軒家スタイルの1800バーツの部屋を予約していました。
部屋はキレイでリビングに寝室が2つという部屋。
View Suay Far Sai Resort

一息いれてから外に出て昼ごはんを食べて周辺をいろいろと廻ってみました。
ここはフルーツの栽培が盛んでマンゴーの木を始め、イサーンらしいパパイアの木(ソムタムの材料)やラムヤイの木の栽培園が多く見受けれました。
自然
(自然が広っており、雷が遠くで轟き、雨も時折ふったりして、自然の匂い・ムードが満点です)
自然2
(標高500~600mくらいのところにあり、山には霧がたちこめていたりします)


宿泊場所から10km程度、山道を進んで出たところは高原というか原生林が一望できる”パー・ゲップ・タワン”というところ。(有名なところらしい)
途中に動物注意の看板がありましたが、どうやらここには象をはじめトラや熊までいるらしいです。(本当でしょうか??)
景色
景色2
朝に来ればここ一面に霧が立ち込めている景色を見ることができるのでしょうね^^

午後からは雨が降ったり止んだりの天気で残念ながらきれいな星空はみることができませんでした。。

虫達の大合唱を聞きながら23時頃就寝しました。
(雨の降った後の高原は肌寒く、布団をかけて寝ました)

本日の走行距離:450km

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。